beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

バーディが決勝点!頼れる主将復帰のレスターがFA杯ベスト8進出

このエントリーをはてなブックマークに追加

決勝点を決めたジェイミー・バーディ

[2.16 FA杯5回戦 レスター・シティ1-0シェフィールド]

 FA杯は16日、5回戦を行った。FW岡崎慎司の所属するレスター・シティはホームでシェフィールド(2部相当)と対戦し、1-0で勝利。8強入りを決めた。なお、岡崎は膝の負傷により欠場している。

 レスターは10日のマンチェスター・シティ戦から先発を6人変更。FWケレチ・イヘアナチョやMFビセンテ・イボーラらがスタメン起用されたほか、ハムストリングス負傷により離脱していた主将DFウェズ・モーガン、今冬シティ移籍騒動に揺れたMFリヤド・マフレズが先発復帰を果たした。

 試合はレスターが主導権を握る。だが、マフレズのスルーパスからFWジェイミー・バーディが決定機を逃すなど、チャンスをモノにできずにいた。だが、後半21分、右サイドでボールをキープしたマフレズがクロスを供給。ファーサイドに流れていたバーディがヘディングシュートをゴール右に決め、先制に成功した。

 後半29分にもバーディがゴールネットを揺らしたが、クロスを上げたマフレズのオフサイドにより得点は認められず。それでも、守護神カスパー・シュマイケルと頼れる主将モーガンを中心にシェフィールドを無得点に抑え、1-0で勝利。準々決勝進出を決めた。

●FA杯2017-18特集
●プレミアリーグ2017-18特集

TOP