beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

FC東京MF大森晃太郎が本拠地デビュー「攻撃陣が2点、3点取れるように」

このエントリーをはてなブックマークに追加

プレシーズンマッチに先発したMF大森晃太郎

[2.17 PSM FC東京1-0横浜FM 味スタ]

 本拠地味スタデビューを白星で飾った。FC東京新加入のMF大森晃太郎がプレシーズンマッチに先発出場し、本拠地デビュー。右サイドハーフで後半27分までプレーし、1-0勝利に貢献した。

 持ち味のドリブル突破で攻撃にアクセントを加えた。後半5分、敵陣でボールを奪った大森はそのまま長距離を運び、同じく新加入のFWディエゴ・オリヴェイラにスルーパス。得点にはつながらなかったが、新生FC東京の新たな攻撃の顔が息のあった連携を見せた。

 左右、中央に流動的に動いて攻撃にリズムを生み出し、「捕まえづらい動きを意識してやりました」と守備陣を翻弄。開幕まで残り1週間の課題に「連動性」の強化を掲げ、「FWが持ったときに僕たち中盤がもっと速いサポートをしていけたら厚みのある攻撃ができる」と連携向上へ、イメージを膨らませた。

 チームはキャンプでの積み上げを発揮し、24日の開幕浦和戦に弾みをつけた。「守備に関しては連動できていたし、最後までやらせないことができていた」と手応えを話すと、「あとは僕たち攻撃陣が2点、3点を取れるようにもっと迫力を持ってゴール前に持っていけたら」と意欲を燃やした。

(取材・文 佐藤亜希子)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

TOP