beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[デンチャレ]目指せ“守田二世”、関東B小野原が決勝へ意気込み「意地を見せたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

準決勝では豪快ミドルを決めたMF小野原和哉

 準決勝でチーム3点目となる豪快なミドルシュートを突き刺した関東選抜BのMF小野原和哉(流通経済大3年=磐田U-18)は、「マジで気持ちよかった」と笑顔を弾けさせた。

 “守田二世”になる。流通経済大の先輩で川崎フロンターレに入団したMF守田英正は、昨年のデンチャレに関東選抜Aの一員として参加。最優秀選手賞を獲得する活躍を見せると、一気にプロ入りへの道をひらいた。

 小野原はそんな守田の凄さを真横で見てきた。昨年はダブルボランチ、時にCBコンビを組んで、守田のプレーを肌で感じてきた。守田はやんちゃな一面を持つ小野原の一番の理解者でもあったという。

「凄いですよ、あの人。私生活の部分から面倒を見てもらっていた。普段、僕が悪さをすると、ヒデさんが一番に言ってくれた。一緒にプレーしていても超やりやすかった。でもヒデさんを超えないといけないのかなとも思っています」

 “ヒデさん超え”のためにはやらなければいけないことが多いことは自分自身も分かっている。野性味あふれるプレーは小野原の最大の魅力だが、試合中には精神面の未熟さを感じさせる場面もみられる。やはりプロに進むためにはそこの成長は欠かせない部分だ。

「言えないようなことをして、外されることはあったけど、それでも試合で使ってくれているので、今年は心を入れ替えて頑張ろうかなと思っています」

 関東Bの意地もある。「タレント軍団をギャフンを言わせたい。ユニフォームもあっちの方がかっこいいですし、意地を見せたいですね」。決して力が劣っているわけではない。18日の決勝は、反骨心を持って臨む。

(取材・文 児玉幸洋)
●第32回デンソーカップチャレンジサッカー熊本大会特集

TOP