beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

バルサを救ったメッシの“初ゴール”!! チェルシーホームの第1戦はドロー決着

このエントリーをはてなブックマークに追加

MFアンドレス・イニエスタのラストパスからFWリオネル・メッシが同点ゴール

[2.20 欧州CL決勝トーナメント1回戦第1戦 チェルシー1-1バルセロナ]

 UEFAチャンピオンズリーグの決勝トーナメント1回戦第1戦が20日に行われ、チェルシー(イングランド)とバルセロナ(スペイン)が対戦。前半をスコアレスで折り返した試合は後半17分にFWウィリアンの得点でチェルシーが先制するが、同30分にFWリオネル・メッシが同点ゴールを奪って1-1の引き分けに終わった。バルセロナのホームで開催される第2戦は3月14日に行われる。

 前半5分、PA外右でボールを受けたMFエデン・アザールが切れ込んで左足で狙い、ファーストシュートをチェルシーが記録。同16分にはバルセロナがゴールを脅かすが、MFアンドレス・イニエスタの鋭い縦パスを受けたメッシのクロスからMFパウリーニョが放ったヘディングシュートはゴール左に外れてしまった。

 その後はバルセロナが圧倒的にボールを支配。細かくパスをつなぎ、チェルシー守備陣を揺さぶりながらゴールに迫ろうとするが、相手を崩し切れずになかなかフィニッシュまで持ち込めない。すると同33分にチェルシーがカウンターを発動させ、アザールのパスを受けたウィリアンがPA外から右足の強烈なシュートを放つが、ボールは右ポストを叩いてしまう。さらに同41分にはPA外でこぼれ球を拾ったウィリアンが再び右足で狙うも、鋭いシュートは今度は左ポストに弾かれて先制点を奪うには至らなかった。

 0-0のまま後半を迎えると、同6分にはイニエスタの縦パスを受けたFWルイス・スアレスが巧みなタッチでPA内に侵入して左足のシュートを放つがGKティボー・クルトワに阻まれてしまう。すると、同17分にチェルシーが試合を動かす。MFセスク・ファブレガスのショートコーナーを受けたアザールが送ったラストパスからウィリアンが右足の強烈なシュートでネットを揺らしてスコアを1-0とした。

 しかし、1点のビハインドを背負ったバルセロナが後半30分に同点に追い付く。左サイドから送ったチェルシーDFアンドレアス・クリステンセンの横パスが味方に合わずに逆サイドまで流れると、ミスを見逃さなかったイニエスタが拾う。一気の加速でPA内に持ち込むとマイナスのパスに走り込んだメッシが、左足ダイレクトで合わせてゴールを陥れて試合を振り出しに戻した。この得点はメッシにとって、欧州CLチェルシー戦では9試合目にして初ゴールとなった。

 同点に追い付かれたチェルシーは後半38分にFWペドロ・ロドリゲスに代えてFWアルバロ・モラタ、さらに同39分にはセスクに代えてMFダニエル・ドリンクウォーターを投入。しかし、その後スコアは動かずに1-1のまま試合終了のホイッスルが吹かれた。

●欧州CL17-18特集

TOP