beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

シティと未だ契約延長に至らず…レアルがスターリングに興味か

このエントリーをはてなブックマークに追加

レアルがラヒーム・スターリング獲得に興味

 マンチェスター・シティに所属するイングランド代表MFラヒーム・スターリング(23)の契約延長の交渉が滞っている。これにより、レアル・マドリーが獲得に関心を示しているようだ。英『ミラー』が報じている。

 スターリングは2015年7月にリバプールから加入。今季はここまで公式戦36試合に出場し、20ゴールとキャリアハイのパフォーマンスを披露している。現行契約は残り2年となっており、MFケビン・デ・ブルイネやMFダビド・シルバら主力が新たな契約を結んだにも関わらず、クラブとの正式な契約延長の交渉は開始されていない。

 レアルを率いるジネディーヌ・ジダン監督は以前からスターリングに関心があることを認めている。シティのジョゼップ・グアルディオラ監督としては、スターリングの流出を避けたいが、この状況ではレアルの他のクラブも動き出す可能性があると、同紙は伝えている。

●プレミアリーグ2017-18特集

TOP