beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

理想はグッと出てドーン!! 開幕戦ゴールのFC東京MF東「気持ち的に楽になった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

先制点を奪ったFC東京MF東慶悟

[2.24 J1第1節 FC東京1-1浦和 味スタ]

 ワンチャンスだったのかもしれない。しかし、FC東京MF東慶悟は、この試合で自身が記録した1本のシュートをきっちりと得点へと結び付けた。

 スコアレスで折り返した試合が動いたのは、後半3分だった。自陣からMF高萩洋次郎が送った鋭いスルーパスから東が抜け出そうとする。左からはDF遠藤航、右からはDF槙野智章が迫って挟み込もうとするが、「今年はゴールを貪欲に狙いたい。その気持ちがあったから、ファーストタッチでグッと前に出れた」と東が槙野の前に体を入れてボールを持ち出す。

 PA内に侵入すると、GK西川周作が距離を詰めてきたが、右足に当てたボールはコロコロと転がってゴールマウスに収まり、値千金の先制点が生まれた。「相手の前に入れて、シュートは良いところに転がってくれたので結果的に良かった」と開幕戦ゴールに白い歯を見せつつも、「あそこでグッと持ち出して、ドーンとシュートを打ちたかった。もっと練習しないといけない」と狙いどおりとはいかなかったシュートに苦笑い。

 試合は、先制したわずか2分後に浦和に追い付かれ、1-1のドローに。「本当に勝ちたかった。味スタでずっと勝っていないので。先制したけど、すぐに決められてしまったので反省したい」と開幕白星を逃したことに悔しさを滲ませる。

 しかし、「1点取って気持ち的には楽になった」と語った男は、「良い練習をしないと結果は出ない。勘違いせずに練習からしっかりやっていきたい」と練習を積み重ね、次戦以降もゴールを狙う。

(取材・文 折戸岳彦)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

TOP