beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

浦和の新主将・柏木「キャプテンとして残念なこと」

このエントリーをはてなブックマークに追加
[2.24 J1第1節 FC東京1-1浦和 味スタ]

 今季からキャプテンマークを託された。浦和レッズMF柏木陽介は公式戦初戦で、キャンプから取り組んできたサッカーをピッチ上で「割と表現できた」と感じられたからこそ、白星で飾れなかったことに悔しさを滲ませた。

 序盤からボールを保持したのはアウェーの浦和だった。「相手が引いてくると思ったけど、プレスを掛けてきた中でしっかりとつなげた」と柏木が振り返ったように、テンポ良くパスを回して敵陣深くへとボールを運んだ。しかし、中央の守備を固めるFC東京を崩し切れず、PA内へ容易に入り込むことはできなかった。

「フィニッシュのところまで、しっかりつなげたけど、相手もPAの中に8人くらいいるときもあって、そこで崩し切れなかった。もうちょっとシュートを打っても良かったし、クロスの質が高まればチャンスは増えていくと思う」

 試合は後半3分にMF東慶悟に先制ゴールを許しながらも、わずか2分後の同5分、「フィーリング良くボールを蹴れている」という柏木が蹴り出したCKをDF槙野智章が体を投げ出しながらも右足で合わせてネットを揺らした。すぐさま試合を振り出しに戻したことに、「チームにとってポジティブ。ネガティブにならずに『取り返して逆転するぞ』という意思が見えたことがゴールにつながった」と手応えを語る。

 しかし、その後、勝ち越すことはできず。1-1のまま試合終了のホイッスルが吹かれ、開幕戦を白星で飾ることはできなかった。「キャンプからやってきたサッカーは割と表現できたと思うけど、キャプテンとして、それを結果につなげられなかったのはすごく残念なこと」と唇を噛む。次節は広島を埼玉スタジアムに迎えるホーム開幕戦。キャプテンとして先頭に立ち、チームを勝利へと導きたい。

(取材・文 折戸岳彦)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

TOP