beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

2点で飽き足らずサポにも“一発”見舞う!?新加入J・バイアーノ躍動の水戸、3-0で山形に快勝

このエントリーをはてなブックマークに追加

水戸の新加入FWジェフェルソン・バイアーノが2ゴール

[2.25 J2第1節 水戸3-0山形 Ksスタ]

 水戸ホーリーホックがホームでモンテディオ山形に3-0で快勝し、開幕白星スタートを飾った。前半2分にFWジェフェルソン・バイアーノのゴールで先制すると、同23分にMF黒川淳史が追加点をマーク。後半10分にはJ・バイアーノがPKを沈め、いずれも新加入選手の得点でアウェーの山形を振り切った。

 J・バイアーノはサンタリタ(ブラジル)から期限付き移籍で今季加入。鋼のような肉体と安定した足下のテクニックを生かし、2トップの一角で水戸の攻撃をけん引していく。

 前半2分、右CKからキッカーのMF木村祐志が右足でクロスを送ると、ニアのFW岸本武流がヘディングでそらし、ファーへ走り込んだJ・バイアーノが難しいバウンドのボールを右足で巧みに押し込んだ。

 開幕戦で先にスコアを動かした水戸は、前半23分に追加点を奪取。山形DF栗山直樹が目測を誤って裏へ流れたボールを岸本が拾い、PA内左に持ち運ぶ。左足の折り返しに反応したJ・バイアーノはつぶされるも、ファーに詰めたMF黒川淳史が右足でプッシュ。大宮から期限付き移籍した20歳がリードを2点に広げる。

 後半も水戸のペースは変わらず、後半8分には岸本がPA内中央で後ろからDF松本怜大に倒され、PKを獲得。キッカーのJ・バイアーノが独特な助走から右足でゴール左を狙ったシュートはGK児玉剛に止められるが、キックの前にゴールラインを離れていたとして、蹴り直しとなる。同10分、J・バイアーノは再び不規則なステップでGK児玉を惑わせて逆を突き、右足でゴール左に決めた。

 J・バイアーノは得点直後、左ポストからぐるりと回って右サイドに走ると、コーナーフラッグを抜き、水戸サポーターに向かってマシンガンを撃つようなパフォーマンスを披露する。

 2ゴールで会場を沸かせ、ユニークなキャラクターでサポーターの心も撃ち抜いたJ・バイアーノは、後半20分にFW宮本拓弥との交代でお役御免。水戸は山形の反撃をゼロに抑え、そのまま3-0で逃げ切った。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●[J2]第1節 スコア速報

TOP