beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ジダン、S・ラモスのポジション変更が失敗だったと認める「最悪の結果を招いてしまった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

パワープレーで前線にポジションを変えたセルヒオ・ラモス

 レアル・マドリージネディーヌ・ジダン監督は、試合中にDFセルヒオ・ラモスのポジションを変更した決断が過ちだったことを認めている。

 27日のリーガ・エスパニョーラ第26節でエスパニョールと対戦したレアル。敵地RCDEスタディウムで0-1と敗れ、28日のビルバオ対バレンシアの結果次第では、4位に転落する可能性がある。

 レアルはエスパニョール戦、S・ラモスを前線に上げてパワープレーを試みた。ジダン監督はその決定に関して次のように話している。

「0-0の展開では、ああいったことが起こり得る。ラモスのポジションをFWに変更するようなことがね」

「それは我々が常に勝利を目指しているからだ。だが、それは果たされなかった。最悪の結果を招いてしまった。試合の終盤に失点してしまったわけだからね」

●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP