beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

バイエルン、主力2人が紅白戦で大口論「口ばかりだな」「黙れ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

DFマッツ・フンメルスとFWロベルト・レワンドフスキが衝突した

 2月28日、バイエルンのトレーニンググランドで火花が飛んだ。紅白戦で同じチームに入ったDFマッツ・フンメルスとFWロベルト・レワンドフスキが衝突した。

 紅白戦では2人のチームがボールを奪われると、そのまま失点につながった模様。すると、フンメルスは守備を助けずに靴紐を結んでいたレワンドフスキへの不満が爆発する。『ビルト』によれば、ドイツ代表DFはポーランド代表FWを「レビ、マジか? なんで靴紐なんか結んでいるんだ、クソ!」と怒鳴りつけたという。

 だが、レワンドフスキは「ボールを失ったのは君じゃないか」とすかさず言い返す。そうするとフンメルスは、「あれはミス。だが、君の場合は姿勢が問題だ」と黙っていられず。そして、エースは「いつもボールを失うくせに口ばかりだな」と発言。それに対し、呆れた様子のフンメルスは「もう黙れ! 失せろ!」と発したそうだ。

 報道によれば、2人はその後のトレーニングでも仲直りした気配が見られず、握手も交わしていないとのこと。練習でも緊張感を持って臨むのがプロ選手だが、今回の衝突は“ピッチ内での出来事”として片付けられるのだろうか。

●ブンデスリーガ2017-18特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP