beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

半年ぶりリーグ戦出場の小笠原、その存在感に同僚も感嘆「全然違う」「いるだけで落ち着く」

このエントリーをはてなブックマークに追加

鹿島はホーム開幕戦を白星で飾った

[3.3 J1第2節 鹿島1-0G大阪 カシマ]

 決勝点を挙げたエースも賛辞を惜しまなかった。鹿島アントラーズはMF小笠原満男が今季公式戦初出場初先発。昨年8月26日のC大阪戦以来、約半年ぶりのリーグ戦出場となった38歳の大ベテランは、フル出場でチームのホーム開幕戦勝利に貢献した。

 値千金の決勝点を決めたFW金崎夢生も中盤で存在感を示した背番号40に感謝した。0-0で迎えた後半33分、右サイドのスローインを受けたFW鈴木優磨がゴールライン際を突破。グラウンダーのクロスに金崎が飛び込み、体ごと押し込んだ。

「(鈴木)優磨のクロスが良かったので合わせるだけだった。あいつにしては珍しくいいボールだった」と冗談交じりにアシストを称えた金崎は小笠原についても「FWとしては、守備のところの指示も明確だし、(小笠原)満男さんがいるのといないのとでは試合を通して全然違うなと感じた」と証言。ダブルボランチを組んだMF三竿健斗も「(小笠原が)いるだけでチームが落ち着くし、みんなが満男さんに付いていこうとなる」と感嘆するなど、その存在感はやはり別格だった。

(取材・文 西山紘平)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●[J1]第2節2日目 スコア速報

TOP