beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「彼が今季のベストプレイヤー」、アザールが年間MVPに投票した選手を明かす

このエントリーをはてなブックマークに追加

ケビン・デ・ブルイネを高く評価するエデン・アザール

 チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールは、今季のPFA年間最優秀選手賞に同郷のMFケビン・デ・ブルイネ(マンチェスター・シティ)を推している。英『メトロ』が報じている。

 PFA年間最優秀選手賞とは、プロフェッショナル・フットボーラーズ・アソシエーション(PFA)のメンバーの投票によって選出される賞。同じサッカー選手から選ばれるため、とても価値のある賞だ。

 アザールは、今季プレミアリーグのベストプレイヤーとしてデ・ブルイネの他に、得点王を争うエジプト代表FWモハメド・サラー(リバプール)、イングランド代表FWハリー・ケイン(トッテナム)の名前を挙げつつ、「ケビン・デ・ブルイネに投票したよ。彼がベストだ」と明かした。

「サラーにも投票したかったんだけどね。彼とは(チェルシーで)一緒にプレーしたことがあるし、僕の友人でもある。だけど、彼はプレイヤーというよりはストライカーという側面のほうが強い」

 デ・ブルイネは2012年1月にチェルシーに加入したが、14年1月にボルフスブルクに移籍するまでプレミアリーグで3試合しか出場できなかった。だが、ボルフスブルクで調子を取り戻すと、15年8月にシティに移籍。ジョゼップ・グアルディオラ監督のもと、今季は29試合7得点で首位を独走するチームに欠かせない選手となっている。

 先日、デ・ブルイネのチェルシー復帰を望んでいると発言したアザールは、「ケビンはなんでもできるんだ。守備もできるし、クロスもできる。大舞台でもアシストやゴールという結果を出す。僕からすると、彼が今シーズンのベスト選手だよ」と称賛を惜しまなかった。

●プレミアリーグ2017-18特集

TOP