beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

伊藤涼太郎がプロ初得点!!好調の水戸、アウェー讃岐戦初白星で3位浮上

このエントリーをはてなブックマークに追加
[3.11 J2第3節 讃岐1-2水戸 ピカスタ]

 水戸ホーリーホックが敵地でカマタマーレ讃岐と対戦し、2-1で勝利した。讃岐とのアウェー戦は過去3分1敗だったが、5戦目でついに初白星。開幕3試合負けなし(2勝1分)で3位に浮上した。

 讃岐は前節の金沢戦(1-0)から先発3人を変更し、DF荒堀謙次、MF高木和正、FW佐々木渉が今季初スタメン。対する水戸は前節の千葉戦(0-0)から1人変更し、DFジエゴが今季初めて先発メンバーに名を連ねた。

 前半をスコアレスで折り返した一戦は後半に動く。後半8分、水戸のFW岸本武流が左サイドから右足でクロスを送ると、PA内中央のFWジェフェルソン・バイアーノがダイビングヘッド。うまく角度を変えてゴール右に押し込み、開幕戦以来となる今季3点目を挙げた。

 先制を許した讃岐だったが、後半13分にMF佐々木匠が右サイドをドリブルで駆け上がり、右足でクロス。流れたボールをファーから走り込んだMF重松健太郎が右足で蹴り込み、2試合連続となる今季2点目でスコアを1-1とタイに戻す。また、讃岐にとってはこれがJ2通算150得点目となった。

 追いつかれた水戸は後半31分、MF白井永地に代えてMF伊藤涼太郎、J・バイアーノに代えてFW宮本拓弥を投入。すると、この交代策が同37分に実った。

 MF小島幹敏のスルーパスからPA内右に抜け出した宮本が右足で折り返すと、ニアの岸本には合わなかったが、ファーの伊藤が右足でゴール左に決める。浦和から昨季途中に水戸へ期限付き移籍した伊藤は、プロ3年目で待望の公式戦初ゴールとなった。

 勝ち越した水戸は1点のリードを最後まで守り切り、2-1で勝利。讃岐は開幕戦以来の黒星で今季2敗目を喫した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●[J2]第3節2日目 スコア速報

TOP