beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

リバプールOBが愚行…14歳少女に唾を吐き、『スカイ・スポーツ』の解説から外される

このエントリーをはてなブックマークに追加

14歳の少女に唾を吐いてしまったジェイミー・キャラガー

 元リバプールDFで、英『スカイ・スポーツ』の解説者を務めるジェイミー・キャラガー(40)が、少女に唾を吐きかけたとして職務停止処分となった。英『BBC』が伝えている。

 キャラガー氏は10日、古巣リバプールがマンチェスター・ユナイテッドに1-2で敗れた試合後にトラブルを起こしてしまった。自身の車で帰宅途中、隣を走っていた男性から助手席の窓を開けて大声で挑発されたという。

 この挑発にリバプールOBは激怒。並走する車に近づいて唾を吐きかけた。しかし、これが助手席に座っていた14歳の少女に直撃。さらにこの行為の一部始終を動画として運転していた男性に録画されていた。

 キャラガー氏は自身のツイッター上で「不適切な行動だった。私はその家族に謝罪した。録画されているように高速道路を走っている時に3、4回挑発をされ、落ち着きを失ってしまった。言い訳はできない」と、謝罪したことを明かしている。

 だが、『スカイ・スポーツ』はこの“愚行”を重く受け止め、キャラガー氏に対して今後の出演取り止めの処分を下した。元イングランド代表DFは2013年に現役を引退。その後、『スカイ・スポーツ』の解説者に転身していた。

●プレミアリーグ2017-18特集

TOP