beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

モンテッラの采配ズバリ!セビージャが初の8強入り、途中出場ベン・イェデル2発でマンU撃破

このエントリーをはてなブックマークに追加

セビージャがマンチェスター・ユナイテッドを撃破

[3.13 欧州CL決勝T1回戦第2戦 マンチェスター・U 1-2 セビージャ]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は13日、決勝トーナメント1回戦第2戦を行った。オールド・トラッフォードでは、マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)とセビージャ(スペイン)と対戦。第1戦はスコアレスドローに終わったが、セビージャが2-1で勝利をおさめ、クラブ史上初の8強入りを決めた。なお、組み合わせ抽選は16日に行われる。

 チェルシーとクリスタル・パレス、リバプールを下して3連勝で第2戦を迎えたユナイテッド。スタメンは10日のプレミアリーグ第30節リバプール戦(2-1)から2人、アウェーでの第1戦から4人を変更し、MFマルアン・フェライニとMFジェシー・リンガードが起用された。リバプール戦を欠場したMFポール・ポグバはベンチスタートとなっている。

 対するセビージャは、10日のリーガ・エスパニョーラ第28節バレンシア戦(0-2)から2人、2月21日の第1戦から1人を入れ替え、DFシモン・ケアーとMFホアキン・コレアらがスターティングメンバーに名を連ねた。

 入りが良かったのはユナイテッドだった。前半2分、MFアシュリー・ヤングのロングパスを左サイドでおさめたFWロメル・ルカクがPA右へパスを出して中央へ走り込む。リンガードのリターンパスをPA手前で受け、右足を振り抜くも枠を捉えることができなかった。

 アウェーゴールが欲しいセビージャは、前半9分にMFエベル・バネガの左CKからニアでコレアがヘディングシュート。さらに相手のミスを突いて、FWルイス・ムリエルがシュートまで持ち込むなど、前半は10本もシュートを放ったが、枠を捉えたのはわずか1本に終わった。

 守備の甘さが目立つユナイテッドは前半38分にチャンス。敵陣中央でフェライニが強引にボールを奪い、FWアレクシス・サンチェスとのワンツーからPA左に侵入し、左足を振り抜く。強烈なシュートとなったが、コースに飛ばすことができず、GKセルヒオ・リコに弾き出された。

 スコアレスで折り返した後半2分、セビージャは右サイドからムリエルが中央でフリーとなっていたコレアにラストパスを送る。決定機となったが、コレアはPA内でもたついてしまい、カバーに入ったDFエリック・バイリーのスライディングを受け、シュートは打てなかった。

 対するユナイテッドは7分、右サイドに開いたルカクのクロスをPA右でリンガードが足もとにおさめ、相手をかわして右足を振り抜く。際どいシュートとなったが、GKリコのセーブに阻まれてしまった。15分にはジョゼ・モウリーニョ監督が動き、最初の交代カードでフェライニに代えてポグバを入れた。

 一進一退の攻防が続く中、セビージャは後半27分にムニエルに代えてFWウィサム・ベン・イェデルを投入。すると、このビンチェンツォ・モンテッラ監督の采配が的中する。29分、バレンシアのパスをインターセプトし、そこからパスをつないで敵陣中央からMFパブロ・サラビアがラストパス。ベン・イェデルがバイリーのプレスもシュートコースを作って右足でゴール右隅に流し込み、価値あるアウェーゴールを奪った。

 ユナイテッドは後半32分に2枚替え。バレンシアとリンガードを下げ、MFフアン・マタとFWアントニー・マルシャルを入れる。だが、流れはセビージャのままだった。33分、左サイドからのクロスをニアでコレアが頭でフリック。右ポスト近くのベン・イェデルがヘディングシュートで押し込み、2-0とリードを広げる。ユナイテッドはベン・イェデルのマークについていたヤングが足を滑らせ、GKダビド・デ・ヘアは反応したが弾き出せなかった。

 アウェーゴール2つと厳しい状況となったユナイテッドは後半34分、PA右角あたりでFKを獲得し、ヤングが中央へ送る。ニアで相手が触ったボールがファーサイドに流れ、フリーでDFクリス・スモーリングが飛び込んだが、まさかの空振り。それでも39分、FWマーカス・ラッシュフォードの左CKからニアのMFネマニャ・マティッチがスルー。相手に引っ張られながらもルカクが見事な左足ボレーを叩き込み、1-2と1点差に詰め寄った。

 アディショナルタイムは4分。ユナイテッドはあと2点が必要の中、アディショナルタイム1分にセビージャのベン・イェデルが完全に裏に抜け出すが、GKデ・ヘアのファインプレーで止められてしまう。試合はそのまま2-1で終了。セビージャが初の準々決勝を決めた。

●欧州CL17-18特集
●プレミアリーグ2017-18特集
●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集

TOP