beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

自らスポンサー獲得、売り込み…水戸退団のMF橋本、新天地は本田が経営参入の米2部クラブに

このエントリーをはてなブックマークに追加

橋本晃司の新天地が決まった

 昨季限りで水戸ホーリーホックを退団したMF橋本晃司の新天地が、アメリカのオレンジ・カウンティSCに決まった。パチューカに所属するFW本田圭佑が代表を務める『HONDA ESTILO株式会社』が発表した。

 “異例のケース”での入団となった。オレンジ・カウンティは、『HONDA ESTILO株式会社』が経営参入しているクラブ。水戸を退団後、海外クラブでのプレー機会を模索していた橋本は星稜高の同級生で、名古屋グランパスでもチームメイトだった本田が同クラブの経営に参入したことを知り、自ら売り込んだという。

 オレンジ・カウンティは、橋本を戦力として評価していたが、アメリカ2部相当の小さなクラブということもあり、十分な年俸を提示できないでいた。だが、そこから橋本自ら営業し、新しいクラブスポンサー3社を獲得。その上で再度クラブに売り込み、初の外国人選手として入団へとこぎつけた。

 なお、橋本はすでにチームに合流。開幕戦は今月17日に行われ、今季限りでの現役引退を表明している元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバが選手兼共同オーナーを務めるフェニックス・ライジングと戦う。

●海外組ガイド

TOP