beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「堂安は安全な投資」「いずれ大金になる」フローニンゲンは買い取りに前向き

このエントリーをはてなブックマークに追加

フローニンゲンはMF堂安律の買い取りに前向き

 フローニンゲンはMF堂安律を完全移籍で買い取る動きに傾いているようだ。オランダ『dvhn』が報じた。

 堂安は昨夏、ガンバ大阪から1年のレンタルでフローニンゲンへと加入。ここまで中盤での起用が主となっているが、リーグ戦22試合で6ゴールと1年目から出色の活躍を見せている。これに伴い、フローニンゲンは完全移籍での買い取りの動きを見せており、クラブ関係者の意見も好意的なものとなっているようだ。

 フローニンゲンを率いるエルネスト・ファーバー監督は「堂安は安全な投資」だとし、クラブに買い取ることを勧めている。

「堂安に必要なのは200万ユーロ(約2億6000万円)? 彼はスタジアムに人を呼べる唯一の選手だ。彼の獲得に200万ユーロかかったとして、いずれはイギリスに行かせることで、クラブは1000万ユーロ(約13億円)を得られるだろう。堂安は安全な投資だ」

 また、ハンス・ニルラントMD(マネージメント・ディレクター)も堂安の獲得に前向きである。

「獲得に250万ユーロ(3億2000万円)かかったとしても、1年で400~500万ユーロ(約5億円~6億5000万円)になるだろう。彼のクオリティはよくわかっている。堂安購入はもはやギャンブルではない。外から獲得するより安全だ。彼は試合を読む目があり、チームプレイヤーで、パスや守備でも貢献できる。年俸も問題にはならないだろう。クラブは(ビルヒル)ファン・ダイクや(ウサマ)イドリシ放出でお金があるからね」

 また、フローニンゲンのサポーター代表なども堂安の買い取りに前向きな様子。オランダで高い適応能力を見せているだけに、フローニンゲンとしても買い取って、さらに高い金額での放出をもくろんでいるようだ。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP