beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[イギョラ杯]新人戦で県8強…悔しさ乗り越えた昌平が王者に!! PK戦で藤枝明誠を下す

このエントリーをはてなブックマークに追加

イギョラ杯を制覇した昌平高

[3.19 イギョラ杯決勝 昌平高0-0(PK4-1)藤枝明誠高 味フィ西]

 高校年代の20チームが争う『第28回イギョラ杯2018国際親善ユースサッカー』は最終日の19日、決勝戦を行った。2日間かけて行われたグループリーグを首位通過し、同日午前に行われた準決勝を勝ち抜いた昌平高藤枝明誠高が対戦。規定の90分間をスコアレスで終えたが、PK戦を4-1で勝利した昌平が頂点に立った。

 県内全タイトルを獲得した昨季から多くの主力メンバーが残っている昌平。この日も圧倒的なタレントを擁して主導権を握ったが、前半7分に大ピンチが訪れる。中盤でのボールロストから相手MF山岡晃太朗(2年)に最終ラインを突破され、GK牧之瀬皓太(1年)が1対1を迎えた。だが、DF関根浩平(2年)が後ろから足を出してカット。主将のビッグプレーで難を逃れた。

 昌平はその後、関根とDF堀江貴大(2年)の両センターバックが幅広く開いてビルドアップを支え、2列目のMF古川勇輝(2年)、MF須藤直輝(←大宮ジュニアユース、中3)が安定したボール運びで攻撃を牽引。アンカーのMF原田虹輝(2年)が絶妙なポジショニングでバランスを取れば、1トップに入ったFW森田翔(2年)が相手守備陣と駆け引きを繰り広げ、圧倒的に試合を支配した。

 劣勢の藤枝明誠はハーフタイム明け、一気に4人を交代し、MF石山廉(2年)、MF大島光稀(2年)らを投入。前半にシュート2本を放った1トップのFW松村亮治(2年)と共に反撃を試みた。しかし、その後も昌平ペースは変わらず、相手のシュート6本に対し、山岡の1本にとどまった。

 ところが昌平は森田のシュートがGKに阻まれるなど、前後半の70分間はスコアレスのまま。そうして迎えた延長戦は、フレッシュな選手が多い藤枝明誠が盛り返した。前半4分、大島がPA右寄りをえぐってMF村松寛大(←磐田U-15、中3)がヘディングシュート。後半も得点を挙げることはできなかったものの、MF高木翔太(1年)のドリブルなどでチャンスをつくった。

 優勝の行方はPK戦に。先攻の昌平は1人目の原田が決めると、その後も3人全員が成功した。一方、後攻の藤枝明誠は1人目のキックが牧之瀬に止められ、2人目のキックはゴールポストに直撃。3人目はきっちり決めたが1-4で敗れた。

 イギョラ杯の頂点に立った藤島崇之監督は「新人戦では県ベスト8で負けたが、やり方は変えず、次のモチベーションに変わっている」とチームの現在地を説明。無得点に終わったことについては「最後のクオリティーの部分では、パワフルに行くところと繊細に行くところを使い分けていきたい」と先を見据えていた。

(取材・文 竹内達也)

TOP