beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

岩尾のFKからオウンゴール誘発!終盤に均衡破った徳島が甲府を下して3連勝

このエントリーをはてなブックマークに追加
[3.21 J2第5節 甲府0-1徳島 中銀スタ]

 J2リーグは21日、第5節を全国各地で行った。山梨中銀スタジアムでは、ヴァンフォーレ甲府徳島ヴォルティスが対戦し、1-0で徳島が勝利。3連勝を飾った。

 17日に行われた前節・福岡戦(2-0)で今季リーグ戦初白星を飾った甲府は、その試合から先発4人を変更。DFエデル・リマとMF新井涼平、MF佐藤和弘、FW田中佑昌がスターティングメンバーに名を連ねた。2連中の徳島は、前節・千葉戦(4-1)と同じ11人を選択し、3連勝を狙う。

 入りが良かったのは甲府だったが、前半15分にFWリンスが負傷交代を余儀なくされ、FW金園英学を投入。早々にアクシデントに見舞われたが、27分にゴールネットを揺らす。MF佐藤和弘の右CKからFWジネイがヘッドでつなぎ、金園が横に出したパスを田中が右足で押し込んだが、オフサイドの判定。惜しくも先制点とはならなかった。

 徳島は前半30分、PA右手前でFKを獲得。MF岩尾憲が右足で壁の外から巻いたシュートを放つと、枠を捉えていたが、GK河田晃兵の横っ飛びセーブに阻まれ、先制点とはならず。アディショナルタイム1分には、右サイドからMFシシーニョが精度の高いアーリークロスを供給。ゴール前に走り込んだFW呉屋大翔が頭で合わせたが、わずかに枠を外れた。

 スコアレスで折り返した後半13分、甲府は右サイドをドリブル駆け上がった田中がセンタリング。ファーサイドに走り込んだ金園が頭で合わせるが、GKカルバハルにキャッチされてしまう。

 均衡した状況が続く中、徳島は後半16分に呉屋を下げ、FW山崎凌吾を投入。すると、直後の17分、シシーニョが左サイドへ送ったボールをDF内田裕斗がダイレクトで中央へ送り、山崎が左足で合わせたが左ポストを直撃。18分にもPA左から山崎が決定的なシュートを放ったが、これも右ポストに阻まれ、立て続けに先制のチャンスを逃した。

 徳島がボールの主導権を握って試合を進めるが、スコアはなかなか動かない。後半30分、MF杉本太郎が左サイドからのクロスを受け、PA手前から右足を振り抜くが枠の左へ。それでも37分には、内田がMF湯澤聖人の危険なスライディングを受けて、湯澤が一発退場。数的優位に立つと、このFKから岩尾がゴール前に入れる。これに対応した甲府の新井の頭をかすめてゴール右隅に吸い込まれ、均衡を破った。

 その後、徳島は甲府の反撃をしのぎつつ、後半アディショナルタイム4分にはFW島屋八徳がクロスバー直撃のミドルシュートを放ち、1点を守り抜いて完封勝ち。開幕2連敗とスタートはうまくいかなかったが、徳島が3連勝としている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●[J2]第5節 スコア速報

TOP