beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

香川真司の名前も…仏メディアが「過去5年間のユナイテッド最悪の8選手」を特集

このエントリーをはてなブックマークに追加

ユナイテッド時代の香川真司

 フランスメディア『EUROSPORT』が、「過去5年間のマンチェスター・ユナイテッド最悪の8選手」を特集。2シーズンに渡ってプレーした香川真司も、不名誉な特集に選出されている。

 ユナイテッドは、過去5年間を通じて選手獲得におよそ6億1200万ポンド(約908億円)を費やしてきた。しかし、その間プレミアリーグでの順位は7位、4位、5位、6位、そして今季は首位のマンチェスター・シティに16ポイント差をつけられての2位と、タイトルレースに参加できていない。

 さらに、ここ数シーズンは高額な移籍金で獲得した選手をすぐに放出する悪循環にも陥っており、2016年にクラブ史上最高額の8900万ポンドで獲得したMFポール・ポグバも今季終了後にクラブを離れるのではないかと噂されている。

 そんな中『EUROSPORT』は、「過去5年間のユナイテッド最悪の8選手」を選出。2012-13シーズンに加入した香川は、2013-14シーズンに指揮を取ったデイビッド・モイーズ監督の「犠牲者」になったとしている。

「恐らく、カガワはモイーズとエド・ウッドワード(CEO)の最初の犠牲者だろう。アレックス・ファーガソンは、カガワとロビン・ファン・ペルシーを、(ウェイン)ルーニーの代わりに据えようとした」

「唯一の問題は、カガワのケガがスムーズに溶け込むのを妨げ、ゴールが奪えなかったことだった。それでも、彼はファーガソンがルーニーを移籍させるのには十分な可能性を示していたが、モイーズとウッドワードが元イングランド代表FWをクラブに留める決断を下した」

 その他、2014年に7500万ユーロと言われる移籍金で加入した現パリSG所属MFアンヘル・ディ・マリアや、現在も所属するMFマルアン・フェライニらが不名誉な特集に選出されている。

 以下、『EUROSPORT』が選出した「過去5年間のユナイテッド最悪の8選手」と現在の所属クラブ。

マルアン・フェライニ(ユナイテッド)
香川真司(ドルトムント)
ラダメル・ファルカオ(モナコ)
アンヘル・ディ・マリア(パリSG)
バスティアン・シュバインシュタイガー(シカゴ・ファイヤー)
ウェイン・ルーニー(エバートン)
ヘンリク・ムヒタリアン(アーセナル)
ルーク・ショー(ユナイテッド)

●プレミアリーグ2017-18特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP