beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「1日に2、3リットルの水を飲む」というイタリア4部GK、ゴール裏で小便をして退場

このエントリーをはてなブックマークに追加

GKがゴール裏で小便をして退場に

 イタリア4部リーグのセリエDで、試合中にGKが小便をして一発退場になるという珍事が起きた。25日、イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ.com』が伝えている。

 メッシーナに所属する21歳のGKアルマンド・プリスコは25日のイジェア・ビルティス戦で先発出場。しかし「1日に2、3リットルの水を飲む」というプリスコは、試合の日も「スタジアムに着いたときやウォーミングアップ中、ロッカールームに帰ってからとハーフタイムにも飲んだね」と水を飲むことを続けていたという。

 すると、プリスコは試合中に尿意を催す。我慢できなくなった21歳GKは、試合が中断した隙にゴール裏の広告看板の裏でストレッチを行うふりをしながら放尿。誰も気が付かないまま完遂したと思ったものの、その行為は主審にバレてしまい、不適切な行為とみられて一発退場となった。

 プリスコは「すぐに主審に謝罪した。皆にも本当に申し訳なく思っているよ。スタジアムにはたくさんの子どもたちがいたことに気づいたんだ」と事の大きさに気づき非を認めた。その後、GK退場となったメッシーナはDFが代わりにGKを務めあげ、試合は0-0で終えている。自業自得の行為から前代未聞の珍事を起こしたプリスコだが、「でも本当に我慢できなかったんだ」と情状酌量も求めている。

TOP