beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

イスコがハット達成!スペイン、6発ゴールラッシュでメッシ欠場のアルゼンチンを粉砕

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハットトリックを達成したイスコ

[3.27 国際親善試合 スペイン6-1アルゼンチン]

 国際親善試合が27日に行われ、スペイン代表はホームでアルゼンチン代表と対戦し、6-1で大勝した。

 ロシアW杯の優勝候補が激突した。23日のドイツ戦を1-1で引き分けたスペインは、先発を2人を変更。MFマルコ・アセンシオとFWジエゴ・コスタが起用された。対するアルゼンチンは、イタリア戦(2-0)から5人を入れかえたが、FWリオネル・メッシは引き続きスタンド観戦となった。

 注目の一戦は、立ち上がりから激しく攻め合ったが、前半12分にスコアが動く。スペインは、MFアンドレス・イニエスタのボール奪取からアセンシオのスルーパスに反応したD・コスタが相手と交錯しながらも押し込み、先制に成功。アルゼンチンはこの接触プレーでGKセルヒオ・ロメロがGKウィリー・カバジェロとの交代を余儀なくされた。

 さらにスペインは前半27分、PA右からアセンシオが折り返したボールをMFイスコが右足で合わせ、リードを広げた。前半のうちに1点を返したいアルゼンチンは39分、MFエベル・バネガの左CKからDFニコラス・オタメンディがヘディングシュートを叩き込み、前半を1-2で終えた。

 後半はスペインのゴールラッシュとなった。まずは7分、イニエスタのパスで裏を取ったFWイアゴ・アスパスがGKをかわしてPA右に進入。マイナスに折り返したボールをイスコが右足で流し込み、3-1とリードを再び2点差に広げる。さらに10分には、PA右から中央へイスコ、アスパスとつないで最後はMFチアゴ・アルカンタラが右足で決め、4-1とした。

 スペインの猛攻は止まらない。後半28分、GKダビド・デ・ヘアのロングフィード一本で抜け出したアスパスが追加点を奪うと、29分には、敵陣中央でパスカットしたイスコがPA中央でアスパスのパスを受けて右足シュート。イスコのハットトリックの活躍もあり、2010年W杯王者スペインが6-1で快勝した。

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

TOP