beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

守護神PKストップのレスター、退場者出すもブライトン撃破!岡崎は後半11分に交代

このエントリーをはてなブックマークに追加

ダメ押しゴールを決めたジェイミー・バーディ

[3.31 プレミアリーグ第32節 ブライトン0-2レスター・シティ]

 プレミアリーグは31日、第32節を行った。FW岡崎慎司の所属するレスター・シティは敵地でブライトンと対戦し、2-0で勝利した。2試合連続スタメンの岡崎は、後半11分までプレーした。

 レスターは18日のFA杯チェルシー戦(1-2)から1人を変更。インターナショナルウィーク中に右手を骨折したFWケレチ・イヘアナチョに代え、岡崎をスタメンで起用した。

 粘り強い守りを披露するレスターだが、なかなか岡崎とFWジェイミー・バーディでボールがおさまらず、厚みのある攻撃を仕掛けることができない。前半はポゼッション率50%、シュート2本と低調ながらも、GKカスパー・シュマイケルの好判断もあって、前半をスコアレスで終えた。

 後半開始早々にシュマイケルの好セーブで難を逃れたレスターは11分、岡崎を下げてFWフセニ・ディアバテを投入。この交代で徐々に攻撃にリズムが出てくるが、前半同様にフィニッシュまで持ち込めない。

 すると、レスターは後半31分にPA内でMFウィルフレッド・エンディディとDFハリー・マグワイアが挟み込む形でMFホセ・イスキエルドを倒してしまい、PKを献上。この試合最大のピンチだったが、キッカーのFWグレン・マレーがゴール右に蹴ったボールをGKシュマイケルが完璧に止め、失点を阻止した。

 守護神のビッグセーブで絶体絶命のピンチを凌いだレスターは後半38分、左サイドでMFデマライ・グレイのパスを受けたDFベン・チルウェルが左足でクロスを供給。ゴール前に上がっていたMFビセンテ・イボーラが頭で合わせ、待望の先制点を奪う。

 レスターは後半42分に、エンディディがこの日2枚目のイエローカードで退場となってしまうが、後半アディショナルタイム6分にエースがダメ押し。得意のカウンターからPA右に進入したグレイの折り返しをバーディが右足で合わせ、勝負あり。レスターが2-0で完封勝利し、2連勝とした。

●海外組ガイド
●プレミアリーグ2017-18特集

TOP