beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ルーキーDF毛利がプロ初得点!金沢4発完勝で6戦ぶり勝利、松井&カズ出場の横浜FC下す

このエントリーをはてなブックマークに追加
[4.1 J2第7節 横浜FC0-4金沢 ニッパツ]

 J2リーグは1日、第7節を行い、ツエーゲン金沢が敵地で横浜FCと対戦し、4-0で快勝した。金沢は開幕節以来、6試合ぶりの勝利。横浜FCは3試合ぶりに黒星を喫した。

 横浜FCは前節から先発3人を入れ替え、DF北爪健吾が今季初のスタメン入り。金沢は前節から4人を変更。右サイドバックの大卒ルーキーDF毛利駿也は2試合ぶりに先発復帰した。序盤は横浜FCの攻撃が続き、MF中里崇宏の鋭いロングスローやFKで相手ゴールを脅かす。

 集中した堅守で跳ね返した金沢はワンチャンスを生かし、セットプレーで先制に成功した。前半アディショナルタイム3分、MF藤村慶太が右足でふわりとした右CKを供給すると、DF作田裕次が右足ボレーで押し込んだ。

 1-0で前半を折り返した金沢は後半開始早々、再びセットプレーからゴールネットを揺らす。後半5分、藤村が右足で右CKを蹴り込むと、FW垣田裕暉が強烈ヘッドで叩き込んだ。垣田の2試合連続ゴールで2-0にリードを広げた。

 両ベンチが動き、金沢は後半19分、垣田に代えてFW佐藤洸一を投入。横浜FCも後半20分に中里を下げてMF松井大輔を投入し、松井は5試合ぶりの出場となった。この交代から金沢が流れを引き寄せ、佐藤が強烈なヘディングシュートを連発。後半24分にはカウンターからMF加藤大樹がクロスを入れ、FWマラニョンが左足シュート。決定的な形だったが、DFカルフィン・ヨン・ア・ピンがゴールマウスに入ってクリアし、ピンチを救った。

 横浜FCは後半26分に松井がPA右手前から左足ミドルを放ったが、GK田尻健の正面を突く。続々と交代カードを切り、後半27分にMF佐藤謙介、後半29分にはFW三浦知良を投入して交代枠を使い切ったが、次の1点を奪ったのも金沢だった。

 後半33分、マラニョンがPA内右に流れながら速いクロスを入れ、ニアサイドの佐藤が巧みに合わせ、3-0と勝利を決定づけた。後半41分にはPA内右を縦に仕掛けたDF清原翔平のクロスを毛利が押し込み、記念すべきプロ初得点。4-0で勝利した金沢は今季初のクリーンシートを達成し、6試合ぶりの白星を挙げた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●[J2]第7節2日目 スコア速報

TOP