beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「多分、武藤は…」浦和FW興梠、“ミス”から生まれた決勝弾!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

決勝点を奪った浦和レッズFW興梠慎三

[4.7 J1第6節 浦和1-0仙台 埼玉]

 チームに今季初白星をもたらす決勝点となった。浦和レッズFW興梠慎三は喜びを表しつつも、アシストとなったFW武藤雄樹のパスは「多分ミス」と笑いながら振り返った。

 スコアが動いたのは試合開始早々の前半5分だった。DF遠藤航から縦パスを呼び込んだ武藤が、センターライン付近から相手最終ライン裏を狙ったボールを送る。しかし、このボールが興梠の意図とは異なった方向へと向かう。

 中央のエリアを駆け上がろうとした興梠に対し、武藤が送ったボールは左のエリアへと流れた。しかし、すぐさま方向転換した興梠が、「うまく体をぶつけて入れ替われた」とDF平岡康裕より先にボールに触れてPA内まで持ち込むと、シュートフェイントで平岡、そして距離を詰めたGK関憲太郎の体勢を崩し、無人のゴールに右足で蹴り込んで先制点となるゴールが生まれた。

「多分、武藤はパスミスだったと思う」とおどけつつも、「冷静にかわして決められたし、あのゴールは非常に良かった」と胸を張った。

 しかし、その後は追加点を奪うことができず、仙台に押し込まれる時間帯が続いた。粘り強く体を張った守備で得点を許さずに逃げ切り、1-0の完封勝利で今季初白星を獲得したものの、「欲を言えば2点、3点取れないと難しい試合になる。それを取れないのが今の自分たちの実力。前半のプレーが後半もできるようになれば、もっと良くなる」と決して満足することはなかった。

(取材・文 折戸岳彦)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

TOP