beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

酒井宏樹がハリル監督解任に「全員が責任を負わないと」、クロアチアメディアが特集

このエントリーをはてなブックマークに追加

酒井宏樹がハリル解任ついてコメント

 JFA(日本サッカー協会)は9日、バヒド・ハリルホジッチ監督の契約解除を発表。世界中に衝撃が走る中、クロアチアメディア『GOL.hr』がDF酒井宏樹のコメントを伝えている。

 2015年にハビエル・アギーレ氏の退任に伴い、就任したハリルホジッチ監督。日本代表を6大会連続6回目のW杯出場に導いたが、7日付で契約解除が発表された。後任は技術委員長を務めていた西野朗氏に決定している。現在はスタッフを編成中であるという。

 世界各国のメディアがロシアW杯2か月前の指揮官交代劇を驚きを持って伝える中、『GOL.hr』は「ハリルホジッチはなぜ解任されたのか?」と題し特集している。

「直近数試合の結果は悪かったが、この決断は日本中に大きな論争を巻き起こしている。多くの人間は、W杯直前に監督を解任することは適切ではないと考えており、一部の選手もそう考えているだろう」

 そして、酒井宏樹のコメントを伝えている。

「監督が解任されるというのは、良いことではありません。全員がその責任を負わないと」

 日本代表はこの後、5月30日に国内最後のテストマッチでガーナ代表と対戦。その後、ロシアの地で8日にスイス、12日にパラグアイと親善試合を行った後、いよいよW杯本大会に臨む。

 グループHの日本代表は、19日に初戦でコロンビアと対戦。その後24日にセネガル、28日にポーランドと激突する。

 2か月前の監督交代という決断を下したJFA。日本代表チームは、W杯本大会で結果を残すことが出来るのだろうか。

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP