beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

逃げ切った松本、開幕戦以来の無失点で2試合ぶり白星

このエントリーをはてなブックマークに追加
[4.14 J2第9節 甲府0-1松本 中銀スタ]

 J2は14日に第9節を開催し、山梨中銀スタジアムではヴァンフォーレ甲府松本山雅FCが対戦。前半41分にMFセルジーニョの得点で先制した松本が、そのまま逃げ切って1-0の完封勝利を収め、2試合ぶりの白星を獲得した。

 今季ホーム初勝利を目指す甲府は前節水戸戦(△1-1)から先発3人を入れ替え、GK岡大生、DF今津佑太、FWリンスらを先発起用。一方、アウェー初勝利を狙う松本は前節讃岐戦(△1-1)から先発1人を入れ替え、FW前田大然らがスターティングメンバーに名を連ねた。

 前半21分にフィニッシュまで持ち込んだのはアウェーの松本だった。FW高崎寛之とのパス交換で右サイドを上がった前田のパスを中央で受けたセルジーニョが左サイドに流し、走り込んだMF石原崇兆が右足で狙うも、MF湯澤聖人のブロックに遭ってネットを揺らすには至らず。さらに同26分には、左サイドから切れ込んだセルジーニョがPA外から右足シュートを放つが、ボールは岡の守備範囲に飛んでしまった。

 一方の甲府は前半32分、遠い位置で得たFKをMF小塚和季が直接狙ったものの、シュートは枠を捉え切れず。さらに同33分には高い位置でボールを奪ったリンスのスルーパスからPA内に走り込んだFWジュニオール・バホスが右足シュートを放つが、距離を詰めたGK守田達弥に阻まれてしまった。

 すると前半41分、松本がセットプレーの流れから先制に成功する。MF岩上祐三が蹴り出したCKははね返されたものの、セカンドボールを拾って右サイドの岩上に展開。岩上が送った鋭いクロスのこぼれ球に反応したセルジーニョが右足から蹴り出したシュートは、DF山本英臣に当たってコースが変わると、そのままゴールマウスに収まってスコアを1-0とした。

 1-0と松本がリードしたまま後半を迎えると、後半7分に松本がゴールを脅かす。岩上が蹴り出したCKをニアサイドの前田がすらし、ファーサイドのDF浦田延尚がヘディングで合わせるも、シュートはポストを叩いてしまった。

 1点にビハインドを背負う甲府は後半14分にFW太田修介に代えてFW田中佑昌、同29分にMF小塚和季に代えてFW堀米勇輝、同37分に今津に代えてMF橋爪勇樹をピッチへと送り込んで状況を打開しようと試みる。しかし、同アディショナルタイムに堀米が至近距離から放ったヘディングシュートが守田に弾き出されるなど、甲府に同点ゴールは生まれず。開幕戦以来となる無失点を達成した松本が1-0の完封勝利で今季アウェー初白星を獲得した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

TOP