beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

最下位ベネベントの救世主?今冬加入のFWディアバテが怒涛の3戦連続2得点

このエントリーをはてなブックマークに追加

FWシェイク・ディアバテが3試合連続で2得点

 セリエAは15日に第32節を行った。最下位ベネベントは敵地でサッスオーロと対戦し、2-2のドロー。FWシェイク・ディアバテが2得点を挙げ、勝ち点1獲得に貢献した。

 前半22分にディアバテのゴールで先制したベネベントだが、前半41分、後半19分と失点し逆転を許してしまう。しかし、前節にも堅牢ユベントスに2発をお見舞いした194㎝の29歳FWが再び躍動。後半28分、MFダニーロ・カタルディの折り返しをスライディングで押し込み、痛み分けのドローに持ち込んだ。

 今冬にオスマンルスポル(トルコ)からレンタルで加入したディアバテは、3試合連続のドッピエッタ(1試合2得点)を達成。データサイト『オプタ』によると、セリエAでの3試合連続2得点は2001年10月のダリオ・ヒュブナー氏以来の快挙になる。

 セリエA開幕から14連敗を喫し、欧州リーグのワースト連敗記録を打ち建てた昇格組のベネベント。4勝2分26敗の勝ち点14で、残留圏内の17位SPALと勝ち点14差になっている。残留の可能性は難しくはあるが、ブレイクしたディアバテがどこまでチームに貢献するか。残り6試合となった残留争いにも注目が集まる。

●セリエA2017-18特集

TOP