beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

鳥栖はドイツ帰りの19歳、湘南はユース16歳が初先発も…3位vs4位対決はスコアレスドロー

このエントリーをはてなブックマークに追加

初先発を果たした湘南ベルマーレMF柴田壮介

[4.18 ルヴァン杯GL第4節 鳥栖0-0湘南 ベアスタ]

 ルヴァン杯は18日、グループリーグ第4節を各地で行い、サガン鳥栖湘南ベルマーレが対戦した。第1節での同カード対戦は1-0で湘南に軍配。互いに若い選手を先発に並べたが、得点を挙げることはできず、0-0の引き分けに終わった。

 ここまでルヴァン杯3連敗中の鳥栖は3日前に行われたJ1第8節の磐田戦(●0-1)からDF高橋祐治、FW河野広貴以外の先発9人を変更。横浜FCから移籍してきたGK高丘陽平が新天地デビューを迎え、デュッセルドルフから加入したFW伊藤遼哉がJ初出場を果たした。

 一方の湘南は前節の広島戦(●0-2)からDF坂圭祐を除いた10人をチェンジ。MF金子大毅、FW山口和樹の2人はJデビュー。湘南ユース所属で高校2年生のMF柴田壮介、FW鈴木国友は初スタメンとなった。

 立ち上がりは鳥栖が優勢を保った。前半7分、MF安庸佑のクロスにMF水野晃樹が頭で合わせると、同11分にはブルガリアから加入した元日本代表MF加藤恒平がミドルシュート。さらに同14分、遠目からDF安在和樹が左足で狙ったが、わずかに左へ外れた。

 湘南は前半8分、左サイドを駆け上がったMF表原玄太のパスを受けた鈴木がシュートを放ち、こぼれ球を山口が狙うも惜しくも枠外。その後は鳥栖の攻撃を受けるシーンが続き、同32分、ドリブルで攻め上がった水野、こぼれ球を拾った安のシュートが強襲。だが、いずれもGK後藤雅明が好守を見せた。

 スコアレスで迎えた後半は7分、互いの指揮官が動く。鳥栖は河野に代わってFW田川亨介を投入。一方の湘南は柴田に代わってMF齊藤未月を入れた。なおもペースを握ったのは鳥栖。同12分、左サイドを単独突破した田川が強烈なクロスを配給し、相手に当たったボールがゴールに向かったが、わずかに右へと外れた。

 さらに鳥栖は後半21分、水野に代わってMF石川啓人を起用。湘南は同24分、FW端戸仁を下げて高卒ルーキーFW{{新井光}を入れた。すると同29分、鳥栖は左サイドからのFKを石川が蹴り込むと、ゴール前でDF藤田優人がヘッド。うまく軌道を変えたが、ボールは惜しくもゴールを外れた。

 湘南は終盤、一気に反撃に出た。後半42分、右サイドからのクロスを表原が合わせ、こぼれ球がゴール前へ。途中出場のFW野田隆之介がゴールに流し込んだが、オフサイド判定となった。同44分、表原のクロスにDF大野和成が頭で合わせたが、高くバウンドしたボールはゴール上へ。最後まで両チームともゴールを挙げられず、スコアレスドローに終わった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●ルヴァン杯2018特設ページ
●[ルヴァン杯]GL第4節 スコア速報

TOP