beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

岡崎欠場で日本人対決は実現せず…レスター対サウサンプトンはスコアレスドロー

このエントリーをはてなブックマークに追加

DF吉田麻也はフル出場

[4.19 プレミアリーグ第35節 レスター・シティ0-0サウサンプトン]

 プレミアリーグは19日、第35節を行った。FW岡崎慎司の所属するレスター・シティはホームで、DF吉田麻也の所属するサウサンプトンと対戦し、0-0で引き分けた。吉田はフル出場したが、岡崎は足首の負傷により欠場し、日本人対決とはならなかった。

 レスターは前節バーンリー戦から5人を変更。同試合で負傷したGKカスパー・シュマイケル、岡崎に代わってGKベン・ヘイマーとFWケレチ・イヘアナチョらが先発起用された。一方、7試合未勝利のサウサンプトンは、前節チェルシー戦と同じ11人を送り込んだ。

 レスターは前半7分、MFリヤド・マフレズのくさびのパスからイヘアナチョ、FWジェイミー・バーディとつないでPA手前からマフレズが右足を振り抜くが、GKアレックス・マッカーシーに止められてしまう。

 勝利から遠ざかっているサウサンプトンは、前半18分にDFライアン・バートランドのクロスのクリアボールからMFドゥサン・タディッチが左足ボレー。40分には、PA右からFWシェーン・ロングが上げたふわっとしたクロスからDFセドリック・ソアレスが右足シュートを放つが、ともに枠を外れた。

 この試合最大の決定機は後半25分に訪れた。ハーフェーライン付近からMFマーク・オルブライトンが前線へロングパス。これに反応したバーディが最終ラインの背後に抜け出し、左足で合わせる。決まったかと思われたが、GKマッカーシーに右手一本で弾き出され、絶好のチャンスを逃した。

 試合は互いに得点を奪えず、スコアレスドロー。レスターは3試合勝利なし(1分2敗)、サウサンプトンは8試合未勝利(3分5敗)となった。

●プレミアリーグ2017-18特集
●海外組ガイド

TOP