beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[関東大会予選]初戦敗退に涙の正智深谷MFオナイウへ、浦和南MF大坂「選手権が本番だろ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

涙の正智深谷高MFオナイウ情滋(右)に浦和南高MF大坂悠力が声をかける

[4.14 関東高校大会埼玉県予選1回戦 正智深谷高 1-2 浦和南高 埼工大G]

 平成30年度関東高校サッカー大会埼玉県予選は14日に1回戦、15日に2回戦を行った。

 山口FWオナイウ阿道を兄に持つMFオナイウ情滋(3年)は昨年の準優勝校・正智深谷高のキャプテンマークを巻いて浦和南高との1回戦に先発出場した。立ち上がりから右サイドで圧倒的なスピードを披露していたオナイウは、警戒されている中でも縦突破を連発。DFを振り切ってクロス、ラストパスまで持ち込み、カウンターから単騎でPAまで駆け上がってシュートを放っていた。

 だが、シュート、クロスともに精度を欠いてなかなか得点に結びつけることができない。「オナイウ情滋が相手の起点なので、みんなで潰そうという話だった」(MF大坂悠力、3年)という浦和南のマークが激しさを増し、徐々に大坂を中心に判断よく攻める浦和南に押し返されてしまう。

 そして前半33分、浦和南はFKから右SB渡辺優人(3年)が頭で先制ゴール。さらに後半2分には再びFKから今度はMF岡田竜哉(3年)が頭で加点する。正智深谷は左サイドに回ったオナイウのカットインからのパスやロングスローなどから反撃。CKから1点を返したものの、32分にオナイウのクロスから迎えた決定機を活かすことができず、1-2で敗れた。

 正智深谷は初戦敗退。試合後、両手で顔を覆ったまま動くことのできないオナイウの下に、県トレでともにプレーしていた浦和南のゲーム主将・大坂が歩み寄る。「最後、選手権が本番だろ」と声がけしたという大坂に対し、オナイウは「ありがとう。頑張れよ」とエール。浦和南は関東大会予選準々決勝へ勝ち上がり、正智深谷はインターハイ予選や県リーグへ向けた準備をスタートした。両者の最大目標は秋の選手権。それぞれが公式戦やトレーニングで自信を深め、“本番”でライバルを上回ることを目指す。

(取材・文 吉田太郎)

TOP