beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

西野新監督が視察、内田篤人「意識はしてたんだけど、難しすぎたね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

[4.21 J1第9節 川崎F4-1鹿島 等々力]

 サポーターからはブーイングではなく声援が送られた。鹿島アントラーズは今季ワーストとなる4失点を喫し、昨季優勝を譲った川崎Fに完敗。順位は8位から12位に後退した。前後半に立ち上がりで失点。後半19分に1点を返したものの、後半20分に3点目を献上。後半32分にはDF昌子源が退場となり、万事休した。

 2試合連続で先発出場したDF内田篤人は後半21分に途中交代。前半36分にはゴール前で体を投げ出し、相手のチャンスを潰した。「身体的には90分いけた」というが、「戦術的な交代だと思いますけど。こういう展開になると難しい。(前に)いったらカウンター食らうし、やれることは限られちゃう。サイドバックってそういう地味なポジションなんですよ」と自嘲した。

 攻守がかみ合わなかった。攻撃は単調。守っては崩され方、奪われ方が悪く、ミスが失点につながった。「優勝争いをするなら攻撃か守備かどちらかだけ極めればいい。優勝するなら両方必要。守備も攻撃もかみ合わないと優勝できない」。経験から持論を説いた内田は昨季J王者を分析し、「Jリーグの中でもパス回しだったり、攻撃のクオリティは群を抜いている。攻撃でいえばこのレベルは他にいないんじゃない?」と唸った。

 日本代表の新監督に就任した西野朗氏が視察に訪れていた。不動の右サイドバックに君臨していた内田は15年3月を最後に代表から遠ざかっているが、西野監督は就任会見で「過去の経験、実績、プラスここ1か月の状況を正確に見極めたい」と選手選考の基準を説明。3度目のW杯へ、大逆転のメンバー入りが期待される。

「西野監督を意識していたか」と聞かれると、「意識はしていたんだけど、それ以上に難しすぎたね、ゲームが」と吐露。苦しい試合展開の中、アピール成功とはならず、「先に点を取られて押し込まれて、阿部選手をつかむのと、車屋選手もこういう展開になったら自由に動けちゃうからね。難しいよね」と落ち着いた口調で話した。

(取材・文 佐藤亜希子)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●[J1]第9節1日目 スコア速報

TOP