beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

甲府サポ、呆然…千葉DF近藤が執念の同点弾!劇的ドローで今季アウェー初勝ち点ゲット

このエントリーをはてなブックマークに追加

近藤直也が執念の同点ゴール

[4.28 J2第11節 甲府1-1千葉 中銀スタ]

 J2リーグは28日、第11節を行った。山梨中銀スタジアムではヴァンフォーレ甲府ジェフユナイテッド千葉が対戦し、1-1で引き分けた。

 今季リーグ戦で開幕からホーム4戦未勝利(2分2敗)の甲府は、21日の前節・愛媛戦(0-0)から7人を変更。DF小出悠太とFW田中佑昌が6試合ぶりのスタメンとなった。今季開幕からアウェー5連敗中の千葉も、22日の前節・福岡戦(1-3)から6人を入れ替え、MFホルヘ・サリーナスが今季初出場。MF小島秀仁とDF増嶋竜也は7試合ぶりに先発起用された。

 10試合を終えて甲府が17位(2勝4分4敗)、千葉が19位(3勝1分6敗)と、ともにスタートダッシュに失敗。今後に向けて立て直したい両チームの一戦は、開始早々に動いた。前半6分、甲府は右サイドのMF湯澤聖人が緩急をつけたドリブルで縦に仕掛け、ライン際からセンタリング。これをFWジュニオール・バホスが右足ボレーで合わせ、先制のゴールネットを揺らした。

 千葉は前半25分、左サイドで相手をかわして低い弾道のクロスを供給。タイミングよくFW清武功暉が飛び込んだが、合わせることができず。直後に甲府は、右サイド深くのFKからキッカーのMF橋爪勇樹がPA内へグラウンダーのパスを送り、バホスが右足シュート。これは枠を外れ、40分にもFWリンスのバックヘッドからバホスが抜け出したが、好判断で距離を詰めたGKロドリゲスに止められてしまった。

 後半は開始から一進一退の攻防が続く。千葉は13分に清武を下げてFW指宿洋史、水戸は19分に橋爪に代えてMF佐藤和弘をピッチに送り込んだ。23分、甲府に決定機。左サイドでパスを受けたバホスが対峙したMF町田也真人をかわしてカットイン。PA左から右足で強烈なシュートを放つが、惜しくもクロスバーを叩き、追加点とはならなかった。

 追いつきたい千葉は後半24分、町田に代えてMF矢田旭、35分にはMF茶島雄介に代えてMF為田大貴を送り込み、勝負に出た。37分には、左サイドから矢田がクロスを供給。PA右から小島がヘッドで中央へ折り返し、3試合連続ゴール中のFW船山貴之がオーバヘッドで狙うが、枠を大きく外した。

 甲府は後半35分に存在感を放っていた湯澤に代え、DF松橋優を投入。40分には、先制点のバホスをFW森晃太に代えた。アディショナルタイム2分には、森に決定機が訪れたが右足シュートはクロスバー上。このまま甲府がホーム初勝利かと思われたが、アディショナルタイム5分にパワープレーで前線に上がっていた千葉DF近藤直也が執念の同点弾を決め、1-1で引き分けに終わった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●[J2]第11節 スコア速報

TOP