beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[関東大会予選]“創英モデル“のサッカーを上のステージで。横浜創英が桐蔭学園を2-0撃破:神奈川

このエントリーをはてなブックマークに追加

後半3分、横浜創英高FW綿谷航平が先制ゴール

[4.28 関東高校大会神奈川県予選5回戦 桐蔭学園高 0-2 横浜創英高 日大藤沢高G]

 平成30年度関東高校サッカー大会神奈川県予選は28日に5回戦を行い、昨年度の選手権出場校・桐蔭学園高横浜創英高との一戦は横浜創英が2-0で勝った。横浜創英は30日の準々決勝で三浦学苑高と対戦する。

 今年は“創英モデル”のサッカーを全国で示す。2年前のインターハイ予選優勝校・横浜創英はこの日、普段は神奈川県3部リーグを戦うBチームの選手たちを4人抜擢。リーグ戦で結果を残している選手にチャンスを与え、本来ボランチのMF金子拓真(3年)を最終ラインに下げる形で試合に臨んだ。前半はサイドの局面を複数の選手の連係で崩す良さを発揮し、決定機を作り出していた一方、桐蔭学園のプレッシャーの前に慌ててボールを失うシーンも少なくなかった。

 一方、桐蔭学園OBで、監督として桐蔭横浜大を関東大学1部リーグの強豪の一つにまで育て上げた八城修氏を新監督に迎えた桐蔭学園は、統率の取れた守り。攻め込まれてもCBのところでしっかりとボールを奪い返していたほか、GK遠藤雅己(3年)のファインセーブもあって無失点で試合を進める。選手権で活躍したMF若林龍(3年)が怪我のために離脱中だが、ともに前線で驚異となっていた俊足アタッカーFW白輪地敬大(2年)と185cmの長身FW佐々木翔音(2年)の2年生2トップの個と、サイドの強みを活かしてチャンスを作り返す。

 ただし、後半開始から主力組の3人を投入した横浜創英がギアチェンジ。3分には後半開始からボランチへポジションを移した金子のパスから、PAで強さを発揮したエースFW綿谷航平(3年)が上手くDFとの距離を開けて右足シュートをゴール右隅へ流し込む。「今日絶対に決めてやろうと試合に臨んでいたので先制点が獲れて良かったです。このチームのエースは自分だと思っている。毎試合ノルマ1点を目標にやっているので決められて良かったです」という注目FWの一撃によって横浜創英がスコアを動かした。

 横浜創英の宮澤崇史監督は「後半は半面ゲームくらいに。もうちょっと相手を(ゴール前に)張り付けたかった」と首を捻る。前半は攻撃時のサポートが悪く、守備の切り替えの遅さもあった。それに比べると精度、ポジショニングが向上したこともあって、後半は局面をパスで打開するシーンが増加。12分には右アーリークロスからMF川口宗之丞(3年)が決定的なヘッドを放った。

 だが、リードされた桐蔭学園も攻撃の迫力が増す。14分に選手権メンバーのMF瀬賀凜太郎(3年)を投入。17分には敵陣で勢いよく相手ボールを奪った佐々木が1対1となったGKを左側からかわす。だが、左足シュートは外側のサイドネットへ。桐蔭学園はその後も右サイドに入った瀬賀の推進力あるドリブルやボールを繋ぎながら空いたスペースを突く攻撃でゴールに迫ったが、八城監督が「まだまだ。覚悟も準備も足りない」と指摘するチームは同点に追いつくことができない。

 逆に横浜創英は32分、敵陣で相手のミスパスをインターセプトした金子が右足シュートをゴール左隅へ決めて決定的な2点目。36分に綿谷が自ら獲得して放った右足PKはGK遠藤に止められたものの、GK和知優真(3年)の好守などによって最後まで得点を許さなかった横浜創英が2-0で勝った。

 インターハイに2度出場している横浜創英はマネージャーを含めると過去最大の部員130名に。局面局面に人数を掛けて切り崩していく“創英モデル”の攻撃で全国を目指している。ポジショニングに加え、ショートパス、トラップの精度はチームの生命線だ。宮澤監督によると、横浜創英のグラウンドは神奈川県リーグ1部、2部のチームで唯一クレーコート。それでも、桐光学園高でMF中村俊輔(現磐田)の一学年先輩だった宮澤監督は「中村俊輔はクレーであの技術を身に着けたんだぞと言っています」。こだわって磨いている武器を全国でも驚きをもたらすものにするだけだ。

 宮澤監督は「“創英モデル”を見せたい。神奈川に面白いチームがあると発信したいですね」。注目FW綿谷も擁する今年、再び全国へ勝ち進むことができるか。「全国でもパスサッカー、相手を崩す部分を出して自分も、チームも注目されて全国に行くことができればいいと思っています」と綿谷。今回の関東大会予選でチーム力を高めてインターハイ予選に臨む。

(取材・文 吉田太郎)

TOP