beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「一つの夢だった」横浜FMの18歳ルーキー山田康太が本拠で“満点デビュー”

このエントリーをはてなブックマークに追加

J1デビュー戦で粘り強い守備を見せたDF山田康太

[4.28 J1第11節 横浜FM3-0鹿島 日産ス]

 夢の第一歩を踏み出した。今季、下部組織からトップチームに昇格した横浜F・マリノスのDF山田康太が先発でJ1デビュー。本職ではない右サイドバックとして攻守に奮闘し、フル出場で完封勝利に貢献した。

「小さいころからマリノスで育ってきて、日産スタジアムのピッチは一つの夢でもあった」。2種登録だった昨季はルヴァン杯2試合、天皇杯1試合に出場し、今季もここまでルヴァン杯3試合に先発しているが、ホームゲームだった過去3試合はいずれも会場がニッパツ三ツ沢球技場だった。プロ選手として初めて足を踏み入れる日産スタジアムのピッチに「階段を上がるとき、今から始まるんだなと思って、試合が始まるまでが一番緊張した」という。

 それでもDF中澤佑二から「思い切ってやれ」と背中を押され、DF金井貢史にも「ルヴァン杯もやっているし、練習でもやれているから」と声をかけられたことで吹っ切れた。「前日練習のときに『出るかもしれない』と言われて結構考えちゃったけど、アップのときには『思い切ってやるだけだ』と思えた」。1対1で粘り強い守備を見せ、サイドの攻防でFW鈴木優磨を抑え込んだ。前半28分には鈴木のシュートに対し、至近距離で体を張ってブロックするシーンもあった。

 デビュー戦で3-0の完封勝利。「もうすぐホイッスルが鳴るなっていうときにサポーターを見たら熱い応援をしていて感動した。ここで鹿島に3-0で勝てたことはチームとしても自分としても自信になった」。ピッチ上で存在感を放った18歳のルーキーは胸を張った。

(取材・文 西山紘平)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●[J1]第11節1日目 スコア速報

TOP