beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

無敗で決めた!! メッシがハットのバルサ、2年ぶり25度目のリーガ制覇で国内2冠達成!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

無敗でリーガ優勝を決めたバルセロナ

[4.29 リーガ・エスパニョーラ第35節 デポルティボ2-4バルセロナ]

 リーガ・エスパニョーラ第35節3日目が29日に開催され、バルセロナデポルティボのホームに乗り込んだ。前半7分にMFコウチーニョの得点でバルセロナが先制すると、同38分にFWリオネル・メッシが加点。同40分と後半19分にデポルティボにゴールを決められて同点に追い付かれたものの、同37分と同40分にメッシがゴールを陥れ、4-2の勝利を収めたバルセロナが無敗のまま、2年ぶり25度目のリーガ制覇を決めた。

 25勝8分無敗の勝ち点83で首位を走るバルセロナは、引き分け以上でリーガ制覇を決める一戦で、27日に今季限りでの退団を発表したMFアンドレス・イニエスタがベンチスタート。メッシ、FWルイス・スアレス、コウチーニョとともにFWウスマン・デンベレがスターティングメンバーに名を連ね、攻撃のユニットを組むことになった。

 前半7分、いきなり試合を動かしたのはアウェーのバルセロナだった。メッシが右に構えるデンベレに展開すると、PA内に持ち込んだデンベレのマイナスのパスに反応したコウチーニョが、巧みなコントロールショットでゴールを陥れてスコアを1-0とした。同17分にはCKの流れからFWルーカス・ペレスがネットを揺らし、デポルティボが同点に追い付いたと思われたが、これはオフサイドの判定に取り消される。

 前半30分にはバルセロナに追加点の好機を迎えるも、ゴール正面からメッシが蹴り出した枠を捉えた直接FKは、横っ飛びしたGKルベン・マルティネスに左手1本で弾き出されてしまう。しかし同38分、右サイドからL・スアレスが送った右足アウトサイドの鮮やかなクロスを、ファーサイドに走り込んだメッシが左足ダイレクトで合わせてネットを揺らし、バルセロナがリードを2点差に広げた。この得点でメッシは今季のリーガの得点数を「30」に乗せた。

 しかし、前半40分に左サイドのMFボルハ・バジェが送ったラストパスをL・ペレスが蹴り込み、デポルティボが1点を返して前半を折り返す。後半6分にバルセロナがゴールを脅かすが、デンベレ、L・スアレスとつないだボールからPA内に走り込んだメッシが放ったシュートは、R・マルティネスに阻まれてしまう。すると同17分、右サイドを突破したボルハ・バジェのグラウンダーのクロスをファーサイドのMFセルソ・ボルゲスがワンタッチで折り返すと、ゴール前のMFエムレ・チョラクが左足ダイレクトで蹴り込み、デポルティボが試合を振り出しに戻した。

 同点に追い付かれたバルセロナは、後半23分にデンベレに代えてMFデニス・スアレス、同29分にコウチーニョに代えてMFパウリーニョをピッチへと送り込む。同36分にはメッシとのワンツーで最終ライン裏を突いたL・スアレスが至近距離から狙うも、好反応を見せたR・マルティネスに阻まれてしまう。しかし同37分、PA右でボールを受けたメッシが巧みなキープから、逆サイドで待ち構えるL・スアレスにパス。L・スアレスはシュートを選択せずに中央にボールを送ると、走り込んだメッシが左足シュートでねじ込み、バルセロナが勝ち越しに成功した。

 さらに後半41分にはL・スアレスのラストパスからPA内に走り込んだメッシが、ハットトリックとなるゴールを陥れてリードを2点差に広げる。同42分にはMFイバン・ラキティッチに代わってイニエスタが投入されると、デポルティボファンもスタンディングオベーションでバルセロナのバンディエラをピッチへと迎え入れた。

 その後、バルセロナに追加点こそ生まれなかったものの、デポルティボの反撃も許さずに4-2の勝利を収めた。21日のコパ・デル・レイ決勝セビージャ戦を5-0で制して4連覇を達成していたバルセロナは、リーガも制して国内2冠を達成。一方、敗れたデポルティボは降格が決まった。

●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集

TOP