beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

FIFAがトランプ大統領にイエローカード…行き過ぎたW杯招致に注意

このエントリーをはてなブックマークに追加

FIFAがドナルド・トランプ大統領に注意を促した

 国際サッカー連盟(FIFA)は27日、アメリカのドナルド・トランプ大統領のW杯招致をめぐる行動に対して注意を促した。アメリカ『ヒル』が伝えている。

 アメリカは2026年のW杯開催国として、カナダ、メキシコとともに3か国共催案を提示。一方で、モロッコも単独での初開催を目指している。そんな中、トランプ大統領は26日に自身のツイッター(@realDonaldTrump)を更新。「アメリカは2026年のW杯に向けて、カナダ、メキシコと共に“強力”な提案書を作り上げた」と高らかに宣言をした。

 加えて、「我々が常に支援をしている国々が、この提案に反するようなロビー活動をしているのであれば、それは恥ずべきことだ。国連でのことも含めて、支援してくれない国々に対して、どうして我々が支援しなければならないんだ」と外交的要素も匂わせ、関連国に強い牽制を示していた。

 これに対して、FIFAは「招致のプロセスに関連する具体的な声明についてはコメントできない」と前置きしつつ、「我々ができることは、26年W杯開催国の決定に関してFIFAの規則を適用していくことだけだ」とコメント。W杯開催の誘致で政治的影響をもたらす行動を禁じているFIFAの規則に触れ、暗に注意を促した。

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

TOP