beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

豊川雄太が日本人クラブ対決で今季5点目! 冨安健洋はデビューまたもお預け

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW豊川雄太が今季5得点目を挙げた

[5.5 ベルギーリーグPO2第7節 オイペン3-1シントトロイデン]

 ベルギーリーグは5日、EL予選2回戦の出場権を争う「プレーオフ2」の第7節を行い、FW豊川雄太の所属するB組4位のオイペンはホームでDF冨安健洋所属の2位シントトロイデンと対戦し、3-1で勝利した。

 2試合ぶりに先発した豊川は前半16分に先制弾を奪取。前回対戦となった4月21日の第5節シントトロイデン戦(3-2)以来のゴールを挙げ、今季5得点目をマークした。

 さらに前半41にFWママドゥ・コネ、後半15分にFWフロリアン・ラスパンティノがネットを揺らして3-0。大量リードを得ると、豊川は同17分に途中交代となった。

 後半35分にシントトロイデンのFWチュバ・アクポムに1点を返されたオイペンだったが、3-1で逃げ切りに成功。3試合ぶりにベンチ入りした冨安は最後まで出場機会が訪れず、新天地デビューはお預けとなった。

 次節は9日に開催され、オイペンは敵地でアントワープ、シントトロイデンは本拠地でベールスホット・ウィルレイクと対戦する。

●海外組ガイド

TOP