beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

イニエスタ、最後の“クラシコ”でユニフォームを渡した相手は…

このエントリーをはてなブックマークに追加

アンドレス・イニエスタセルヒオ・ラモスにメッセージ付きのユニフォームを手渡した

 今季限りでバルセロナを退団するスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(33)が、クラシコ終了後に“ある選手”にメッセージ付きのユニフォームを手渡したようだ。スペイン『マルカ』が報じている。

 6日、バルセロナは本拠地カンプ・ノウで宿敵レアル・マドリーと対戦。DFセルジ・ロベルトが前半アディショナルタイムに退場となってしまったが、FWルイス・スアレスとFWリオネル・メッシのゴールで2-2の引き分けに終わった。キャリア最後のクラシコとなったイニエスタは後半13分までプレーした。

 試合終了後、この“天才司令塔”のユニフォームを受け取った選手がいる。レアルのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスだ。自身のツイッター(@SergioRamos)にイニエスタからもらったユニフォーム写真を投稿。背番号のところには、「親友のセルヒオへ。君とは仲間として、そしてライバルとして多くの時間を過ごしたね。これからの幸運を祈っているよ」と、手書きのメッセージが記されていた。

 S・ラモスは、「ピッチでの出来事を超越して、昨夜の試合は“イニエスタのクラシコ”として記憶に残るだろう。君がいなくなって寂しくなるよ」と、イニエスタのバルセロナ退団を惜しんだ。

●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集

TOP