beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

君は一人じゃない…重傷の可能性高いFW宮市亮、仲間のエールに「ありがとう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

負傷したザンクト・パウリFW宮市亮

 ザンクト・パウリFW宮市亮が負傷後、初めて自身のインスタグラムを更新して感謝の気持ちを伝えている。

 宮市は15年6月にザンクト・パウリに加入。同7月に左膝前十字靭帯を断裂し、加入直後に長期離脱を余儀なくされると、昨年6月にも右膝前十字靭帯断裂の重傷を負っていた。そして、今年4月28日にBチームの一員として、昨年5月以来の公式戦出場を果たしたが、わずか13分で負傷交代。30日にMRI検査の結果、右膝前十字靭帯を断裂した可能性が高いことが判明し、日本で関節鏡検査を受けることが発表されていた。

 すると、ザンクト・パウリの選手たちは、6日に行われたブンデス2部33節ビーレフェルト戦の試合前に、宮市の背番号である『13』、背番号の下に漢字で『宮市亮』、背番号の上には『YNWA』(You´ll never walk alone=君は一人じゃない)というメッセージが書かれたユニフォームを着用して登場し、負傷したチームメイトにエールを送った。

 エールを受けた宮市は『13』のユニフォームを着た仲間の写真とともに、「ありがとうございます」と綴るだけでなく、『YNWA』『nevergiveup』というハッシュタグをつけており、仲間の行動に勇気づけられたようだ。

●海外組ガイド

TOP