beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

日本勢最後の砦、鹿島が“鬼門”突破へ上海上港に3発先勝!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

鹿島は前半43分、FW鈴木優磨が先制ゴール

[5.9 ACL決勝トーナメント1回戦第1戦 鹿島3-1上海上港 カシマ]

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は9日、決勝トーナメント1回戦第1戦を行った。日本勢で唯一、グループリーグを突破した鹿島アントラーズはホームで上海上港(中国)に3-1で先勝。過去5回、進出している決勝トーナメントはいずれも初戦で敗退しているが、“鬼門”突破へ大きなアドバンテージを得た。第2戦は16日に上海上港のホームで行われる。

 鹿島は5日のJ1浦和戦(1-0)から先発2人を変更。GKは曽ヶ端準に代わってクォン・スンテが公式戦3試合ぶりの先発となったほか、FW鈴木優磨が公式戦2試合ぶりに先発した。現在、中国リーグで首位を走る上海上港はFWフッキは負傷欠場したが、MFオスカル、FWエウケソンらが先発した。[スタメン&布陣はコチラ]

 上海上港は前半7分、FWリュ・ウェンジュンのスルーパスにオスカルが抜け出し、PA内に持ち込んで右足でシュートを打ったが、GKが正面でキャッチ。同9分にはオスカルのパスから左サイドを突破したリュ・ウェンジュンがグラウンダーのクロスを入れると、DF昌子源がカットしたこぼれ球をオスカルが拾う。決定的な場面だったが、オスカルのシュートは至近距離でクォン・スンテがスーパーセーブで弾き出した。

 背番号1のビッグプレーで勢いづく鹿島は前半12分、MF永木亮太の右足ミドルはGKイエン・ジュンリンがセーブ。その後もボールをしっかりつなぎながらゲームを優勢に進めるが、なかなか決定的な形をつくれない。スコアレスのまま膠着状態が続いたが、前半終了間際の43分、セットプレーを生かして先制した。

 左CKから永木が右足でゴール前に放り込むと、昌子と相手選手が競り合ったボールがゴール右隅へ。GKはゴールラインぎりぎりでかき出したが、こぼれ球を鈴木が右足で蹴り込み、豪快にゴールネットを揺らした。

 前半を1点リードで折り返すと、後半立ち上がりに加点する。後半4分、MF遠藤康の右CKからニアサイドのこぼれ球をDF西大伍が押し込み、追加点。前半終了間際と後半立ち上がりという絶好の時間帯で得点を重ね、2-0とリードを広げた。

 2点ビハインドとなった上海上港も反撃に出るが、鹿島守備陣が体を張って跳ね返す。後半24分、DF安西幸輝のクリアが昌子に当たり、こぼれ球をFWウー・レイに拾われるも、ウー・レイのシュートは左ポストを直撃。同29分には右サイドでボールを持ったオスカルが縦に仕掛けて遠藤をかわし、ゴール前にクロスを入れたが、エウケソンのヘディングシュートはクォン・スンテが好セーブで弾き出した。

 すると後半30分、鹿島は左サイドを安西がドリブル突破。クロスに鈴木がファーサイドから飛び込むと、競り合ったDFユー・ハイに当たったボールがゴール左隅に吸い込まれた。相手のオウンゴールで3-0と突き放したが、わずか1分後の後半31分、上海上港はゴール前混戦からユー・ハイの横パスを受けたエウケソンが右足で叩き込み、1点を返した。

 アウェーゴールを許し、3-1と追い上げられた鹿島は後半42分、金崎に代えてMF小笠原満男、後半アディショナルタイムには遠藤に代えてDF犬飼智也を投入し、逃げ切りを図る。後半アディショナルタイムの4分間をしのぎ、そのまま3-1でタイムアップ。2点のリードを手に、敵地での第2戦に臨むことになった。

(取材・文 西山紘平)

●ACL2018特設ページ

TOP