beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

神戸が渡邉&ウェリントン弾で5戦ぶり白星! 磐田は小川航基ら投入も今季初3連勝逃す

このエントリーをはてなブックマークに追加

神戸が敵地で磐田に2-0で勝利

[5.12 J1第14節 磐田0-2神戸 ヤマハ]

 10位ヴィッセル神戸が敵地で6位ジュビロ磐田を2-0で退けた。前半10分にFW渡邉千真が先制ゴールを挙げ、同25分にはFWウェリントンが追加点をマーク。相手の反撃を抑え、5試合ぶりの勝利を手にした。

 2連勝で3試合負けなし(2勝1分)の磐田に対し、4試合未勝利(2勝2分)の神戸。好対照の両チームだが、先にスコアを動かしたのはアウェーの神戸だった。

 前半10分、右CKからキッカーのMF藤田直之が右足でボールを入れると、MF田中順也のヘディングシュートがクロスバーに当たり、そこからゴール前で混戦となる。最後はこぼれ球に反応した渡邉が右足のボレーで蹴り込み、6試合ぶりとなる今季2点目を挙げた。

 先制を許した磐田は前半18分に決定機。DF小川大貴が右サイド深くでDFティーラトンを抜き去り、PA内右からシュートを放つ。GKキム・スンギュに弾かれ、こぼれ球にMF松浦拓弥が走り込むが、右足のシュートはクロスバーの上へ。同点のチャンスを生かせず、再び神戸にゴールを奪われることになった。

 前半25分、右サイドのFW大槻周平が左足でクロスを供給。ジャンプした磐田DF高橋祥平の頭上を越えると、ファーのウェリントンがヘディングでゴール左に叩き込む。ウェリントンは今季初先発となった第7節・浦和戦(2-3)以来7試合ぶりにネットを揺らし、今季2点目をマークした。

 2点を追いかける磐田はハーフタイム明けからMF山田大記に代え、FW小川航基を投入。後半14分にはMF宮崎智彦を下げ、9日にホームで行われたルヴァン杯グループリーグ第5節・清水戦(2-1)で2アシストを記録したMF荒木大吾をピッチへ送り出す。

 Jリーグ初得点を狙う小川航基は後半21分に荒木の右クロスに飛び込むも、相手DFがクリア。同23分には立て続けに2本のシュートを放つが、いずれもゴールには結び付かない。終盤もシュート数を伸ばした磐田は最後までゴールが遠く、無得点のままタイムアップ。4試合ぶりに黒星を喫し、今季初の3連勝を逃した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●[J1]第14節1日目 スコア速報

TOP