beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

松本がセルジーニョ2発など圧巻5ゴール!地域リーグ時代からのライバル・金沢に完勝

このエントリーをはてなブックマークに追加
[5.12 J2第14節 松本5-0金沢 松本]

 J2リーグは12日、第14節を行った。松本平広域公園総合球技場では松本山雅FCツエーゲン金沢が対戦し、5-0で松本が勝利した。

 MFパウリーニョを出場停止で欠く松本は前半26分、右サイドでパスを受けたMF岩上祐三が縦に仕掛け、クロスを上げる。対峙したMF宮崎幾笑に当たってふわっとしたボールがゴール方向に飛ぶと、左ポストの内側に当たってゴールに吸い込まれた。

 さらに松本は前半32分、右サイドのクロスからPA左手前にこぼれたボールをMFセルジーニョが回収。反転から右足を振り抜くと、外から巻いたシュートが右ポスト内側を叩いて、ゴールネットを揺らす。37分には、右CKのクリアボールをDF岩間雄大がヘッドでPA内に送ると、体を張ってボールをキープしたFW高崎寛之がヒールでつなぎ、MF岡本知剛が反転から左足で決め、3-0とした。

 金沢は前半40分、MF大橋尚志に代えてMF梅鉢貴秀を投入。柳下正明監督が前半のうちに手を打った。41分には、入ったばかりの梅鉢がPA左へパスを送り、宮崎が左足シュートを放ったが枠を捉えることができない。後半も松本ペースで試合が進むと、金沢は14分にFW垣田裕暉をFW佐藤洸一、19分には宮崎をMF加藤大樹に代え、交代カードを使い切った。

 それでも松本の流れは変わらない。後半29分、PA右で粘ってFW前田大然が左足シュートを放つと、DF庄司朋乃也の手に当たってPKを獲得。これをキッカーのセルジーニョがゴール右に沈めた。さらに31分、DF岩間雄大の縦パスを前田がつないでPA左からMF石原崇兆が左足シュート。一度はオフサイドと判定されたが、ラストパスが相手に当たっていたとして得点が認められた。

 試合はそのまま5-0で松本が完勝。地域リーグ時代からのライバル対決を制し、2試合ぶりの白星を飾った。一方の金沢は今季2度目の連勝とはならなかった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●[J2]第14節1日目 スコア速報

TOP