beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

徳島MF小西の衝撃弾にG大阪ユースの同期堂安も仰天「えぐいやん」

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF小西雄大がプロ初ゴールとなるゴラッソを決めた

[5.12 J2第14節 徳島1-0京都 鳴門大塚]

 フローニンゲンのMF堂安律がツイッター(@lovelovesoccer5)を更新し、ガンバ大阪の下部組織で同期だった徳島ヴォルティスのMF小西雄大のプロ初ゴールを祝福した。

 小西は12日にホームで行ったJ2第14節の京都戦の前半27分、右サイドからMF大本祐槻が上げたクロスのこぼれ球をアクロバティックな体勢からダイレクトボレーで蹴り込み、決勝点を奪った。

 プロ2年目MFの衝撃弾。これにはジュニアユースから共に汗を流した同学年の堂安も「えぐいやん。笑」と反応。大いに刺激を受けている様子だ。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

TOP