beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

3連覇狙う一条、V奪還目指す奈良育英、生駒などが奈良準々決勝へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
 平成30年度全国高校総体「2018彩る感動 東海総体」サッカー競技(三重)奈良県予選は13日、3回戦を行い、8強が決まった。

 3連覇を狙う一条高は天理教校に4-0で快勝。20回目の全国出場を目指す奈良育英高は大淀高に7-0で快勝した。昨年準優勝の生駒高や香芝高五條高、奈良高、大和広陵高、橿原高も準々決勝(20日)進出を決めている。

[準々決勝](5月20日)
一条高 - 香芝高
奈良高 - 生駒高
大和広陵高 - 五條高
橿原高 - 奈良育英高

[3回戦](5月13日)
一条高 4-0 天理教校
高田商高 1-4 香芝高
奈良高 2-1 高取国際高
高田高 0-2 生駒高
大和広陵高 3-0 東大寺学園高
西大和学園高 0-10 五條高
奈良学園高 0-2 橿原高
大淀高 0-7 奈良育英高
●【特設】高校総体2018

TOP