beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

あの大怪我から1年…小川航基が帰ってきた!! トゥーロン国際に臨むU-21日本代表が発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

1年ぶりに代表復帰を果たした磐田FW小川航基

 日本サッカー協会(JFA)は15日、第46回トゥーロン国際大会に出場するU-21日本代表を発表した。昨年5月のU-20W杯で大怪我を負ったFW小川航基が1年ぶりに代表復帰。ベルギーのシントトロイデンでプレーするDF冨安健洋も“森保ジャパン”初招集を果たした。

 2020年の東京五輪を目指すこの世代。昨年10月に森保一監督の就任が発表された後、12月にタイで行われ初陣となったM-150杯、今年1月に中国で行われ公式戦初戦となったAFC U-23選手権に出場した。3月にはパラグアイ遠征が行われ、今回で4度目の活動となる。

 飛び級組は浦和レッズでのウイングバック起用で新境地を開拓中のDF橋岡大樹、サガン鳥栖で主力を担うFW田川亨介の2人。橋岡は小川、冨安と並んで“森保ジャパン”初招集。大学組はオビ・パウエル・オビンナ(流通経済大)、三笘薫(筑波大)、上田綺世(法政大)の3人が入った。

 C組に入った日本は現地時間5月28日にトルコ、同31日にポルトガル、6月3日にカナダと対戦。試合は40分ハーフで行われ、各グループの1位と2位グループの1位が準決勝に進出する。なお、A代表コーチを兼任する森保監督が同大会期間はA代表に同行するため、トゥーロン国際大会では横内昭展監督代行が指揮を執る。

 以下、U-21日本代表メンバー

▼GK
オビ・パウエル・オビンナ(流通経済大)
山口瑠伊(エストレマドゥーラ)

▼DF
板倉滉(仙台)
中山雄太(柏)
椎橋慧也(仙台)
杉岡大暉(湘南)
冨安健洋(シントトロイデン)
橋岡大樹(浦和)

▼MF
三好康児(札幌)
神谷優太(愛媛)
森島司(広島)
三笘薫(筑波大)
伊藤達哉(ハンブルガーSV)
初瀬亮(G大阪)
井上潮音(東京V)
藤谷壮(神戸)
菅大輝(札幌)

▼FW
小川航基(磐田)
上田綺世(法政大)
田川亨介(鳥栖)

●第46回トゥーロン国際大会2018特集

TOP