beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

苦難のルーキーイヤーを乗り越え…磐田の19歳MF藤川虎太朗のプロ2年目が“スタート”

このエントリーをはてなブックマークに追加

磐田のプロ2年目MF藤川虎太朗(中央)が今季の公式戦初出場

[5.16 ルヴァン杯グループリーグ第6節 甲府0-1磐田 中銀スタ]

 ジュビロ磐田のMF藤川虎太朗(19)が16日に敵地で行われたルヴァン杯グループリーグ第6節・甲府戦(1-0)で後半アディショナルタイム3分に投入され、今季の公式戦初出場を果たした。

 東福岡高時代の2015年度に全国高校総体と全国高校サッカー選手権で優勝を経験した藤川は、2017年に磐田へ入団。しかし、加入早々の同年1月に左第5中足骨を疲労骨折し、リハビリからのスタートを余儀なくされた。

 復帰後の同年5月31日に開催されたルヴァン杯グループリーグ第7節・大宮戦(1-2)でプロデビューを果たしたものの、6月には右内転筋肉離れで再び戦線離脱。9月20日の天皇杯4回戦・長野戦(1-0)でプロ入り初先発を飾った後は、公式戦の出場から遠ざかっていた。

 238日ぶりの公式戦出場となったこの試合では、後半アディショナルタイム3分にFW中野誠也との交代でピッチへ。そのまま2シャドーの一角を務めた。守勢の展開だったため、ボールタッチの回数こそ限られたが、前線からの守備でチームのグループリーグ首位通過に貢献している。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●ルヴァン杯2018特設ページ
●[ルヴァン杯]GL第6節 スコア速報

TOP