beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

アーセナル、元主将の36歳に監督就任オファーへ…ベンゲルとの年齢差は『32』

このエントリーをはてなブックマークに追加

マンチェスター・シティのアシスタントコーチを務めるミケル・アルテタ

 アーセナルは17日、選手として5シーズンにわたってプレーしたミケル・アルテタ氏(36)に新監督就任の打診を行うようだ。もし就任が実現すれば、68歳のアーセン・ベンゲル前監督との年齢差『32』という急進的な若返り策。スポーツ専門メディア『スカイ』が報じている。

 アーセナルではキャプテンを務めたアルテタ氏は2015-16シーズンに現役を引退。16年夏からはマンチェスター・シティジョゼップ・グアルディオラ監督のもと、アシスタントコーチとして指導経験を積んでいる。

 22年間にわたって指揮を執ってきたベンゲル監督の後任には、他にユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督、元アーセナルのパトリック・ビエラ氏が挙げられているが、最有力候補に挙がっているのは36歳の若き指導者のようだ。

●プレミアリーグ2017-18特集

TOP