beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[東海]土井智之が劇的な後半AT決勝弾!雨中の上位対決は常葉大浜松が静産大を破る:第2節延期分

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF土井智之が後半アディショナルタイムに劇的決勝弾を決めた

 第57回東海学生サッカーリーグ1部は13日、天皇杯予選の影響で延期となっていた第2節1試合分を行った。

 常葉大学浜松キャンパス静岡産業大の上位対決は、接戦のままスコアは動かない。ともにシュート数は2本と少ない状況で前半を折り返した。後半になっても展開は変わらることはなく、後半の45分間も互いにシュート2本で試合は後半アディショナルタイムに突入する。

 しかし、常葉大浜松のMF土井智之(3年=神戸弘陵高)が試合を大きく動かす。後半アディショナルタイム2分過ぎ、中央を突破した土井が右足シュートを放ち、ゴールネットに突き刺した。試合はそのまま終了し、劇的弾で常葉大浜松が雨中の激闘を制した。

結果は以下のとおり

【第2節】
4月14日(土)
[竜洋スポーツ公園サッカー場]
静岡産業大 0-1 常葉大学浜松キャンパス
[常]土井智之(90分+2)

●第57回東海学生1部L特集

TOP