beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「簡単に下した決断ではない」サウスゲートが明かすGKハートの落選理由は…

このエントリーをはてなブックマークに追加

イングランド代表メンバーから落選したGKジョー・ハート

 イングランド代表のガレス・サウスゲート監督は、GKジョー・ハートの落選理由を明かした。

 EURO2012から3つの国際大会やロシアW杯の欧州予選でイングランドの守護神として活躍したハートだが、ここ2シーズンは所属クラブで苦悩が続く。マンチェスター・シティでポジションを確保できなかった同選手は、トリノとウエスト・ハムにローンで移籍。しかし、ベテランGKは著しく調子を落とし、シーズン終盤にはアドリアンに守護神の座を奪われるなど精彩を欠いた。

 そして16日、発表されたイングランド代表の23名の登録メンバーに75キャップを誇るハートは選出されず。代わりにジョーダン・ピックフォード、ジャック・バトランド、ニック・ポープがメンバー入りを果たした。この決定について問われたサウスゲート監督がその理由をFAの公式サイトで語った。

「ジョーはここ2年間多くの試合でプレーしたからこの決定は簡単に下したものではなかった。ジョーに代わって、良いシーズンを送った3人のGKをメンバーに加えた。もちろん、経験のあるジョーを連れていくか、それとも良いシーズンを送った選手にチャンスを与えるか悩んだ。今季のパフォーマンスを評価した上で、全員がメンバー入りを必要とされる選手だと思う」

「彼にこの結果を伝えるのは非常に難しかった。本当に良い青年で、予選ではチームに大きく貢献した選手だ。彼の貢献があったからこそ我々がロシア行きをつかめたと認識することが大切だと感じている」

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP